スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強気発言…

「負ける気がしない!」と強気発言…菊千代どす。
強気発言カマしたくせして「大負けする!」カ~ッコ悪いよ。
戦う前には、マスコミを挙げて、日本チームの強さを大絶賛!
選手は「優勝するために来た!」とか、第一次リーグはなんて
「勝てるに決まってる!」とか、も~言いたい放題でしたよ。
マスコミは、つぎ込んだ“放映権買取料金回収”しなくっちゃ~
ならないので、何としても視聴率上げなけりゃ!ということで
日本チームの実力は置いといて「こうあって欲しい!」レベル
の妄想に近い報道をしまくっていました。そんなこともあって
「日本チームは最強!」とか「イザとなったら神風が吹く!」
とでもいうような体制翼賛報道に、日々明け暮れていました。
けど、世界のチームは強かった~。
何より試合運びが巧い。スピード感、リズム感、入念な計算!
もう、野生動物と飼い慣らされたサーカスの動物くらい違う?
それは「サッカーど素人」の菊千代にもわかるくらい、どこを
とっても目を見張るばかりで、日本チームとの差は凄かった。
前評判では「どの選手も世界レベル!」と喧伝していたのに、
フタを開けたら日本チームは三戦して、1勝もできない (‘Д’)
世界の強豪チームの試合を見たら その差は露骨にわかるし…
采配ミスとか、タイミングが合わなかったとかの話じゃない。
そもそも 身体能力に差があり過ぎる ( ゚Д゚) ウワサによると、
日本チームは、福島産のコメや国産の魚を喰っていた!とか。
「そのせいで カラダの調子を狂わされた?」との投稿なども
NETの中には飛び交っていましたよね。実しやかに「本田の
甲状腺の手術は 福島産食材のせいだよ」とも。でも、負けた
のは“弱いから”でしょ~が (>_<)
日本の選手が世界的なレベルに追いついたとしても、それは、
もしかして「前回のWカップレベル なんじゃない?」世界の
レベルは、それ以上の早さで進化していて、追いつくのは無理
だった!っていうことを自覚しないと、また同じこと繰り返す
ような気が (・・? でも どんなに一生懸命やったって、アカン
ものはアカンのです!そして、アジアチームはすべて敗退へ!
もしかして、サッカーはアジア人に向いていない?て言うか、
世界のプロたちって「異星人なの~?」というしかない気さえ
してきたのは菊千代だけ (・・?
いつだってマスゴミは、世界で日本選手が活躍した場面ばかり
報道していますけど、カッコ悪かった場面や入ったチームの中
での地位や実力、どんな時に使われたかなどを、脚色しないで
冷静に報道して貰わないと見ている方は勘違いしちゃうよね。
今回は”一勝もできなかった日本チーム”これが、今のチームの
現状をはっきり物語っている?日本チームは予選突破どころか
最下位に沈んだ!という現実から目をそらさない方が ((+_+))
で「Wカップ」の放映権は?
高視聴率が見込める初戦「コートジボワール戦」は、NHK。
日テレが第2戦のギリシャ戦、テレ朝が第3戦コロンビア戦を
中継する権利を獲得。でも、この権利がエラく高騰している。
放映権料は、2002年の日韓大会以後 各国の放送局による競売
形式となっていることが高騰の背景にあるとされます。テレビ
各局ではすでに 放映権料の抑制ができない! 喉から手が出る
ほど放送したい (`´) 50%を超えると期待される視聴率やら
高額の広告収入。98年のフランス大会では世界全体で約1100
億円だったのが、前回の南アフリカ大会では世界全体の総額が
約2700億円とうなぎのぼり↑
日本の放映権料は前回の南アフリカ大会では250億円でしたが
今回のブラジル大会で提示された放映権料はなんと400億円!
高騰した理由を聞くにつけ「Wカップは、スポーツマフィアが
仕切っている!」というウワサにも合点がいきますよね ―_―
オリンピックしかり、サッカーしかり、透明性や健全性とは、
ほど遠いところで行われているのが現代のスポーツなのか…。
特にサッカーは賭けの対象として知られているので、裏で動く
金額は莫大なんだろ~な (-_-;)
お調子もんの「サポーター」とやらに、バカ騒ぎしてもらって
視聴率稼がないことにはモト取れない?ところで、韓国で大学
教授をしているFB友だちが、こんなことを 言っていました。
「韓国はワールドカップサッカーの結果でも『XXXが悪い!』
とはっきり言う。しかも、敵であるはずの日本人の口からそう
言わせる。日本みたいに、自分に不利なことでも、言い訳など
しない。情報も隠蔽しない。そして、それが受けが悪い情報と
わかっていても 本当のことだと判断すれば ちゃんとニュース
にする。これは日本のマスコミよりも韓国のマスコミのほうが
優れているところで『透明性が高い!』と言えると思います」
透明性?日本のマスコミ界では、ほぼ“死語”になりましたね。
ほな、さいなら ( ̄д ̄;)
スポンサーサイト

死にどき?

欧米には寝たきり老人がいない…菊千代どす。      
先日、友人に誘われて「エンディングセミナー♪」とやらへ。
人生の最期をどのように締めくくるか?最近、注目されている
テーマだと、メディアでもその内容がよく紹介されています。
講師である医師の話では「かつて、老人というものは、枯れる
ように亡くなっていく」ものだったが「ベテランの葬儀屋さん
によると、最近は”老人の柩が重い?”のだそうです。その理由
というのは、点滴やチューブなどで、水分や栄養分をどんどん
補給するので、本来なら、枯れて軽くなっているはずなのに、
重くなる!本当は、余計なことはせずに静かに見送ってあげた
ほうが、ご本人だってラクだろうし、延命治療などして欲しく
ないだろうに、意識のないのをいいことに必死で延命させる!
これはおかしい」と。
静かに人生を終えようとしているなら、チューブ突っ込んだり
点滴打ったりして、無理に生き長らえさせるのは絶対反対!と
力説されました。菊千代も「その通り」と強く共感しました。
以前読んだ福祉関係の本に「デンマークやスウェーデンには、
寝たきり老人はいない」と書かれていました。北欧の福祉国家
以外ではどうなのか?と思い、イギリス、アメリカから日本に
「移住」してきた友人たちに聞いたところ「自分たちの国でも
寝たきりの老人なんてほとんど聞かないよ」とのことでした。
日本の老人病院では、話すことができない、起き上がることも
できない、胃ろう(腹部に穴を開け胃に栄養剤を直接入れる)の
寝たきり老人が、当たり前のように「生かされて!」います。
異様な光景です。
スウェーデンの認知症専門病院では、寝たきりの老人はゼロ!
理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎え、口から食べ
られなくなっても、点滴や胃ろうなどの人工栄養で延命を図る
ことは“非倫理的だ!”と国民が認識しているからだそうです。
無理やり「そんなことをするのは老人虐待!」にあたるそう。
もし、口から食べられなくなったからといっても胃ろうはぜず
点滴もせず、肺炎を起こしても抗生剤の注射も打たないとか。
日本では、老人が無意識のうちに暴れたり、チューブや点滴を
抜き取ってしまわないように、両手を拘束したりしています。
でも、話も出来ず体の自由もきかない、寝返りすら打てない、
おまけに拘束されている!将来、自分がそうなったら絶対に、
点滴やチューブなんかしないで、静かに「あちらの世界へ♪」
と思わずには (=_=)
話を戻すと、北欧や欧米では多くの患者は寝たきりになる前に
亡くなっているワケですから、寝たきり老人がいないのは当然
なのですが、なぜ日本では「とりあえず生かしておく」のか?
日本人の死生観にも理由はあるのでしょうが、多くの人たちが
自分が元気でいる時は「寝たきりになって、シモの世話をして
もらってまで生きていたくないよね」と異口同音に言います。
以前、NHKで「放浪する老人」というテーマで施設をたらい
回しされている老人の例を紹介していましたが、貧しく身より
もなく、生きている楽しみなど何もない!という生活保護受給
老人に「寝たきりになったとき、延命治療を希望しますか」と
福祉担当者が聞いたところ「命がある限り生きたい」と言って
いたのが印象的でした。
菊千代は、原因がどうあれ終末期を迎え、口から食べられなく
なったら、延命処置を一切希望しないと書き残してあります。
「静かに見送る…」というかつては当たり前だったよき風習を
日本人は、いつから忘れてしまったのでしょうか?可能なら、
ボケて自分がわからなくなった段階で、人生を終えたい(^^)v
話は変わりますが、ペットの場合、苦痛があり回復の可能性が
低い状態になった場合、欧米ではごく普通に「安楽死」を選び
ます。わずかな可能性にかけて、苦痛を伴う治療をするのは、
まさに「動物虐待!」です。出来るだけのことをした!という
飼い主の自己満足のために動物を犠牲にしないでほしいです。
また、そんな話を「美談」として持ち上げる人も許せません!
ほな、さいなら(―_―)!!

死んでほしい

死にませんなかなか(^<^)だって…菊千代どす。
麻生太郎副総理兼財務相は21日、社会保障制度改革国民会議で
医療費問題に関し「チューブの人間だって、私は遺書を書いて
そういう必要ないから、さっさと死ぬからと手渡しているが、
そういうことができないと死にませんもん、なかなか」と発言
しちゃいました。麻生ちゃんはまた「死にたいとき、死なせて
もらわないと困っちゃうんですね、ああいうのは」だって~。
また「いい加減に死にたい!と思っても『生きられますから』
なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金でやって
もらっていると思うとますます寝覚めが悪い。さっさと死ねる
ようにしてもらわないと」
何を言いたいのか?見え見えで、この人の本音というか自民党
のみなさま方は、概ねこんな考えなんだろうなぁ (-_-;) って
想像はしていましたよ。昨年、石原ノビテルが報ステ出演の際
「生きていても仕方ない老人などは『安楽死』という手段も」
的ニュアンスの話をして、古舘アナを慌てさせたのは記憶に!
まさに、自民政治の本性をさらけ出したというか、財務官僚が
日ごろ考えている「理想」を代弁したというか、実にお粗末。
超高齢社会が”国家財政を圧迫”するのはわかりきったこと。
ますます高齢社会に加速がかかる日本はこの先、この不可避な
課題と向き合わざるを得ない!でも、財政はすでに破綻寸前。
福祉も社会保障予算も、とっくに限界を超えているというのに
高齢医療費は年々10%近く
上昇し続けています (;゚Д゚)! こうした現実を目の前にしたら
官僚が思いつく手っ取り早い解決策は、役に立たない高齢者が
「どんどん死んでいってくれること!」ですよね (T_T;) 通常
口に出しては言えないことですが、本音はそういうことです。
この発言については、麻生ちゃんは「公の場で発言したことは
適当でなかったので撤回する。あくまでも個人的見解で、終末
医療のあるべき姿について言ったのではない」って弁解しまし
たけど「もう遅い!」それにしてもこういう話って、飲み屋で
おっさん同士が「チューブつけて生きてるなんて意味ないから
とっととチューブ外して死んだほうがマシだよねぇ」な~んて
仲間に同意を求め「そうだよ、生きてたって意味ないもん」と
盛り上るレベルの話。
昨年、Googleで「夫」を検索すると、最初に出てくる言葉は
「死んでほしい」だったということで、世の夫のみなさま方、
唖然として二の句が告げなかった!という話は、かなり話題に
なりましたよね。この「妻の本音」を、あるお宅のお食事会で
話題にしたとき、同席された「妻」のみなさまは、ほぼ全員が
「そんなの当たり前じゃな~い(⌒▽⌒)」と共感されました。
もちろん賢いみなさま方、こうした本音は表沙汰にしません。
公的には「素敵な方♪」として、さまざまな分野でご活躍に!
当然ながら、政治は「建前」で動いていくものです。世界とも
「こうあるべき!」という国家の建前で渡り合うものですから
本音を漏らしてはいけないのは「常識以前のお話」ですよね。
「マンガ脳」の麻生ちゃんに、常識を求めるのって酷かなぁ?
ほな、さいなら(-_-;)

TwitterBest9

人気ランキングベスト9(^^)v菊千代どす。
Twitterを本格スタートしてから、そろそろ4ヶ月 (・・?
RTの多かったのは、予想通り総裁選がらみ、それも安部関連
でした。どう考えても、人気があるわけではないですよね~!
では、以下よろしく (^_^)v
安倍ちゃんは尖閣問題に対しヒステリックに「対中強硬策」を
叫んでいたが、口先だけ勇ましい政治家は最も危険だ!こうい
うひ弱で小心な政治家に限って、軍事的恫喝を受けると、逆上
して前後の見境なく暴走することが多い。国家を破滅へと導く
のは、状況判断が出来ない小心な政治家の開き直りと勢いだ。
小心者は控えめに!
虚弱体質の安倍ちゃんが自民党総裁(T_T)だってさ。「美しい
日本」などと意味不明なこと叫んでいる安部ちゃん。だったら
今すぐ日本中に放射能を撒き散らす瓦礫処理を止めさせ、福島
の子どもたちを早急に疎開させなさい!もちろんオスプレイを
とっとと米国に引き上げるようオバマ大統領に直訴しなさい!
そんなこと無理(^_^;)
安部ちゃん新総裁!これで自民党もホントの終り…どうせまた
途中で、ポンポン痛いが再発して投げ出すに決まってる。国民
票で人気のあった石破を長老たちの力で退けたところに自民党
の深い闇がある。安部ちゃんは史上初の総理2度経験者となる
とともに総理の座、2度放り投げの実績を作るかも?ね(^<^)
恥ずかしい史上初?
安部ちゃんは5年前「ポンポン痛い!」で、いきなり責任を放
り投げ!で、責任を放棄することを「アベする」などといわれ
た過去が。最近では、失言・暴言を吐くことを「ノブてる」と
いうらしい。それにしてもネオコンの阿部より伸晃が総理にな
った方が総理任期の最短記録更新ができて望ましかったかも。
石原家の野望は…
米国は自己主張をせず、イヤな顔ひとつせず何でも言うことを
聞いてくれ、必要な時には文句を言わず金を出してくれる日本
を「便利な存在」としてしか認識していない。当然「良きパー
トナー」などとは全く思っていない。米国に「日米同盟は対等
な関係」と都合よく解釈させられているのは、今やB層だけ。
米国の便利屋さん?
技術革新により格段に画面が美しくなった日本製テレビ。でも
テレビは売れ行き不振…これはメーカーの問題ではない。番組
を制作している局やプロダクションの問題だ!あまりにも低レ
ベルなバラエティー番組。そこに出てくる毎度おなじみのクズ
芸能人。真実を伝えない犬HK、各局報道、問題はそこだね!
クズ番組が多過ぎる!
自民党総裁選候補たち、自分が総理になったら「米国の信頼を 
取り戻し、日米同盟を強化させる!」と息巻いているが、そこ
まで米国のご機嫌取りしたいなんて情けなさ過ぎ。「昔の自民
党に戻したい」どうしようもない連中に拍手する聴衆たちって
日本は米国の属国のままがいいのか?それとも単なるおバカ?
長いものには(T_T)
石原慎太郎の中国への暴言に対し、多くの国民が批判的である
にもかかわらず大マスゴミが石原批判をすることは全くない!
米国の指示に従った言動なのだから当然といえば当然なのだが
バラェティ系番組ばかり見ているB層の人たちは、あたかも、
全国民が石原を支持しているかのような錯覚をするだろうね。
石原はアメポチ(+_+)
橋下は自分を批判・攻撃したものには徹底してやり返す主義!
もちろん理屈など抜き。彼は自分に敵対する存在がとにかく我
慢ならなくて記者会見などではいつでも逆ギレ!文句あるなら
コスプレで来いと記者に吐くが、それでも足りないらしく日々
超攻撃的なツイート。維新を批判した安部攻撃が見ものだね。
ほな、さいなら(^O^)/

モンサントの罠

日本の農家をモンサントが潰す(-_-)菊千代どす。
「農家やってます」という友人が、ドイツ、ポーランドに農業
「視察旅行」に行ってきました♪農業について、これまで知る
機会はなかったのですが、友人の体験を聞いてみると、日本が
農業政策で、伝統的に伝わってきた「在来種」を大切に守らず
育成してこなかった結果、日本の農業がどれほど危機的な状態
にあるかが、薄っすらではありますが解ったような気が(・・?
欧州では在来種子を大事に守っているということです。友人が
滞在したエリアは、
高原の中にある、数戸あまりの小さな村落だったそうですが、
そこの農家さんたちは「麦の源原種を大切に保管していた」と
のこと。農家さんでは、その原種をまいて収穫した麦で焼いた
パンを毎日食べているそうです。日本、とくに都会で暮らす人
の多くは、ふだん「種」のことなど考えることはありませんが
野ブタはすでに、あの悪名高い「モンサント」に、大事な種子
「利権を売り渡している!」らしいですよ。我が国の大手種子
会社は軒並み、あの遺伝子組み換え食品!で問題になっている
「モンサント」に、飲みこまれつつあるというのでしょうか?
名前くらいは
知っている、サカタ、タキイなどにも、こっそりと入り込んだ
らしい!と友人は訴えます。農作物は、品種改良と、在来種の
保存は同時進行で行われなければいけないのに、品種改良され
ると、その種に飛びついてしまい、やや見栄えの悪い?在来種
を「ないがしろにしてしまう傾向が日本にはある」のだそう。
そもそも野菜でも、果物でも、香り、コク、本来の美味しさは
在来種にあるといいます。TPPのことも考えると一刻も早い
「在来種の保存が必要なことを、農業関係者に訴えたい!」と
友人は必死(=_=)
ちなみに、この友人がイタリアで購入した「在来種に近い」と
されるルッコラの発芽率は抜群だった(^^)そうです。品種が
改良された野菜や果物は、柔らかく、確かに美味しいのですが
それ自体が「もろい」ので、食糧危機時代には不向き?とか。
見た目は美しいけれど、品種改良を繰り返し、農薬漬けにして 
育てた農産物は「すぐに弱る!作付けをしていて実感します」
と友人(T_T)また、食糧危機対策用として品種改良し、雑草の
ように強い品種を作るにも在来種の遺伝子が絶対に必要とも。
最近はF1と呼ぶ  
発芽しない、もしくは芽止めしてあるものもたくさん出回って
いるので「第一世代種子」がとれない品種もたくさん出てきて
いるため全ての種を毎年買うことになってしまうらしい(=_=)
「このままだと、長い間にはそこに大きな利権が生まれ大規模
農家しか農業ができなくなってしまう…。日本の食糧需給率は
本当に限界寸前!そして、世界中で干ばつ状態だというのに、
日本では食料は輸入に頼らざるを得えない(+_+)必要なだけの
量の確保と安全面において、遠くない将来ピンチが来る…!」
実感できなくても(-_-)
友人は兼業農家。放射能汚染地で農業を営んでいますが「今の
ところ、どの作物もベクレル値は基準以下とはいえ、まだ福島
が収束していないし、いつ高濃度の放射能物質が飛んでくるか
予測が付かない!綱渡りのような状態ではありますが、監視の
目をゆるめず、細々とでも農業を続けたい…」と不安な表情。
モンサントとTPP!この切っても切れない利害関係は、自分
たちが毎日食べている農産物の「質」そのものに強く影響する
「生命に関わる大問題」として注視しなければ!なりません。
大好きな、お酒だって、元は農産物から出来ているんだし…。
ほな、さいなら(^O^)/
プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
6039位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1263位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。