スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寡黙な男 ♡

やっぱり男は黙って…菊千代どす。
第18囘統一地方選挙が終わりました。世田谷区で脱原発の保坂展人さんが再選されたり、山本太郎ちゃんが応援に駆けつけた候補が大量に当選するなど、いいこともありましたが、相変わらず「何でこんなヤツが!」という結果も数々あり、悲喜こもごもの選挙結果でした (ー_ー;)
それにしても自民党は長年、国民を騙し続けてきた党ですから、ウソをつくのはお家芸そのものなのですが「選挙には必ず行く!」と公言する高齢者の方々は、年々年金が削られ、後期高齢者医療で、思いっきり自民党に踏みつけられても、やっぱり「自民党が大好き!」だったりします。
この辺は、アメリカにどんなにバカにされようが、利用されようが、売れない国債買わされ続けようが、シッポ振ってのこのこアメリカに馳せ参じる安倍シンゾーと、体質的に似ていますよね。多くの人間は、自分に似ている人が好きですから・・。好きな人にだったら、騙されても、踏みつけにされても、逆に「萌え~!」なのでしょうか?
高齢者だけでなく、若い人でも、その手の人間が圧倒的に多いのですから、自民党が反省しないのは当ったり前?社会保障費を削らなきゃならないから増税する!と言われようが、消費税増税が既成事実になろうが、中小企業の景気がどん底になろうが、未来あるはずの自分たちが非正規雇用ばかりで生活が成り立たなく、少子化も歯止めがかからなかろうが…悲惨な現状に全く関係なく、安倍政権はのうのうと生き延びています。
自民党のセンセ方は、国民の生活など、どうなろうとまるで眼中にないらしいし…それにしてもヤツらは「この国をいったいどうしようっていうんだ!」そんな話で怒りまくって行き詰まっていたとき、ガラリと雰囲気を変える話題になりました。そう、飲み屋での会話はコロコロ話題が変わり、みんなノリがいいのが楽しいのです (⌒▽⌒)/
で、どんな話題になったかというと「いいオトコの話!」安倍政権のおっさんは、みんなクズ!でウザいおっさんば~っかだけど「そんな日本にだっていいオトコはいるよね~」ということで、どんな男が魅力的か?そんな話になりました。たまたま「高倉健が好きでたまらない!」という男子が二人いました。彼らは健さんが大好きとは言っても「gayではないよ ♪」と念押し。菊千代周辺の同世代男子には「健さん大好き!」というのが少なくありません。寡黙で憂いに満ちた表情をする健さんは、いかにもストイックで、不器用そうで(役者としても不器用ですが)、オトコにはとりわけ厳しい菊千代にとっても「胸キュン男子No1の存在でした」。今でも (=_=;)
会話のセンスが無いクセに口数が多く、アタマが軽く、テンションの高い男は、ゼッタイに“アカン!”です。そんなこんなで、いつの間にか昨年の11月に相次いでなくなった、高倉健さんと菅原文太さんの話になりました。二人は、似ているようですが、かなりタイプの違う役者でした。けど、二人とも、世間に背を向けて生きる「無法者」を演じた時のストイックな雰囲気は、他の誰にも真似のできない魅力がありました。
菊千代の学生時代、男子たちは健さんの映画をよく観ていて、時々、お付き合いで映画館に足を運んだものでした。健さんが「死んでもらいます!」などとポーズを決めると男子たちは「いよ~っ健さん!」と声をかけ、颯爽と歩く姿には万来の拍手が起こったものでした。映画が終わって、映画館を出るとき、男子たちが健さんになりきっていて、肩で風を切って歩いていた姿が、今思えば超アホっぽくて可愛かった♪
「単純で、強がりで、素直!」この3要素を揃えている男子ってステキです (^-^)/ 菊千代は、躾の行き届いた性格の良い大型犬のような男子!が、タイプです ♪ もしくは、プーチン閣下のような、圧倒的知性を有し、こよなく芸術を愛し、揺るぎない胆力がある方!が、超理想ではあるのですが…。プーチン閣下は、百年に一人生まれるかどうか?というくらい、ありえない存在!それなのに「笑顔がチャーミング 」なのですから、もう、クラクラしちゃいます ლ(╹◡╹ლ
そうそう、健さん、文太さんの話に戻りますが、映画評論家だったか忘れましたが、この二人について書いていた印象的な文章があります。それは「二人はもっぱら前科者のヤクザの役を得意としていた。もっともその雰囲気は対照的であった。高倉健はヒーローであり、菅原文太はアンチ・ヒーローだった。この二人に共通しているものとは何だろうか。それは女性に対する徹底したストイックさである。そこには女性が入り込む隙間は存在しない。その代償として彼らは、男どうしの『堅い絆』を獲得する。しかし、この関係はホモセクシュアリティとは峻別される。厳密にいうならば、ホモソーシャリティ、つまり同性社会性と呼ぶべき性格のものだろう。彼らは女性を遠ざけ忌避するとともに、肉体的な繋がりを前提とする同性愛者をも嫌悪する。多くを語らなくともいい。目を合わせた瞬間に了解できる兄弟性こそが、彼らの行動の原理なのだ」・・女性が入り込む予知のない「固い絆」「兄弟性」。かなり文学的な表現で、心惹かれる言葉ではあります。
ワクワクさせる表現ではありますが、それって「カッコいいオトコだから許せるのであって、そこら辺のおっさんには、ゼッタイ似合わない世界だよね~!」と、言うヤツがいて、カンタンに結論が出てしまいました。健さん、文太さんのようなカッコいい男は、もちろん魅力的ですが、菊千代が、うっとり見とれてしまうのは「宝塚の男役 ♪」です。凛々しく、美しく、ストイックで、清潔!現実の男には望むべくもない、ため息の出るような姿には、いつも圧倒されてしまい、宝塚の舞台を見たあとは、現実に戻るのがやや辛いです。何だか今日は(いつもですが)支離滅裂な菊千代ワールドになってしまいました。
ほな、さいなら m( _ _ )m
スポンサーサイト

仕える喜び♪

身を捨てて仕える幸せって…菊千代どす。
中村小山三さんが亡くなりました・・94歳でした。このブログは、3年前の12月に書いたものですが、小山三さんを偲んで、再度 UPいたします。以下、当時の原文のままです…。 
亡くなった「十八代目・中村勘三郎」の追悼番組をみました。類まれなる才能を持った素晴らしい役者さんだったことは、誰もが認めることと思いますし、菊千代も異論はありません。勘三郎さんについては、多くの専門家や有名な方が書いているので、たいした「通」というわけでもない菊千代は、発言を控えさせていただきます。
その番組の中で、再々登場していた役者さんたちの中に、一際目を引いた方がおられました。中村小山三さんという方です。先々代の中村勘三郎さんの若い頃に「門弟」として中村家に入門し、ほぼ一生を中村家に捧げたといってもいい存在です。小山三さんは勘三郎さん逝去の報に、辺りかまわぬ号泣で、どれだけ勘三郎さんを愛していたかが、ひしひしと伝わり、胸が締め付けられるような辛い姿でした。
猿之助の市川家は例外として、ほとんどの歌舞伎俳優は血縁、跡継ぎなどで続いてきました。小山三さんは、先日他界された先代のお父さんに弟子入りした、一般家庭出身の方で、ずっと住み込みで中村家を支えてきたといいます。十七代目を見送り今度は、赤ちゃんの頃から面倒をみた、十八代目を見送った後現役のまま、俳優さんと番頭さんを兼ねているとのことです。
今年92歳となる小山三さんは、女形として、脇役をこなしながら、雑用その他子息の養育係をはじめ、芸の上での決まりごとから役者としての「よろず承り」を指導する役割を担っておられるようです。名跡たる当主は、芝居の事、芸のことしか頭にありませんから、小山三さんのような方は歌舞伎の世界では肉親的な存在です。番組で「平成中村座のお披露目」と言う場面が出て来ました。
江戸時代、市村座と並んで、人気の歌舞伎座の1つでもあった中村座の座元は現在の「中村屋」だったそうです。お披露目の口上で十八代目と小山三さんが並んで一緒に口上を述べるシーンがありました。こういうことって、通常では「あり得な~い!」んだそうですよ。
その口上の勘三郎さんとのツーショット写真を見つめながら、小山三さんが泣き崩れている様子が、また泣かせました(T_T)
先代の勘三郎さんがまだ元気な頃、当時の勘九郎を厳しく躾ているシーンもありました。菊千代世代なら、誰でもよく知っているなつかしい「勘九郎ちゃん」の姿がそこにはありました。門弟という立場は主役が張れる立場ではありません。いわば映画界で言う「大部屋俳優」のような立ち位置だといいます。歌舞伎界では、父親と同期以上の立場の俳優さんを「おじさま」と呼びます。
同等くらいで、年や芸歴が上の俳優さんは「兄さん」だとか。「歌舞伎通!」を自認する友人が、あれこれ教えてくれます。「通」の人と歌舞伎に行くと、いろいろ勉強にはなりますが、「そのくらいの事、知ってるも~ん!」ってことでも、話してくれるのがウザイことも…。
小山三さん「気を落とさずに…」といっても無理でしょうがこれからも、中村屋を盛り立てていただきたいです。あなたはまさに、歌舞伎界の「生き字引」なのですから。がんばって!小山三さんをみていて菊千代は、あのカズオ・イシグロの小説「日の名残り」の中に登場する老執事を思い出しました。イメージが重なりません?英国の名門家に一生を捧げ仕えることに、人生の最大の喜びを見出してきたその半生を!それにしても自分の人生を捧げても「構わない、悔いない!」ほどの人間に出会えることの幸せ♪
スゴいことだと思います。菊千代は残念ながら、まだ、そういう幸せに出会ってはいません (T_T) ていうか、もともと、そんな殊勝なタマでないことは、自分でも、解っていますけど…
ほな、さいなら (´;Д;`)

法王大胆発言?

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は1日、バチカン
サンピエトロ広場で、法王就任後初の新年のお告げの祈りを行
い、集まった巡礼者らを前に世界の連帯をいっそう大きく強く
するよう呼びかけました。法王は「私たちはみな、この世界が
互いに尊重し合い、多様性を受け入れ、お互いを思いやる兄弟
たちのコミュニティーになるよう行動する責任がある」と述べ
ました。これに先立つ、昨年の11月26日には「現代世界の難題
として 途方もない所得不平等を生みだしている経済システムを
挙げ それが抑圧され疎外された人々を「落伍者!」として放置
していると批判を展開 (゚o゚;;
ローマ法王として、今言うべき最も大切なメッセージの一つを
述べられたわけですが、世界に、特に“クリスチャン大国”でも
あるアメリカに、この法王の言葉が多大な影響力があることを
願わずにはいられません。何しろアメリカは「神の名!のもと
に、人類の平和を追求する?」とか何とか、綺麗事を言っては
世界中の国民を刃にかけ、国民と国土をめちゃくちゃに破壊し
自国の「軍需産業」を肥え太らせてきた世界有数の殺人国家!
なのですからね。アメリカは、日本をはじめとした世界各国に
「国防戦略だったらこれを」とか「戦闘になったらこっちを」
などと、あらゆる殺人兵器を売りまくって豊かになった国です
から、ホントのところ「人の命なんかどうとも思っていない」
のかと…想像できます!
初の南米出身の法王となったフランシスコ法王は、暴力と不正
に対し「無関心であったり何もしないでいる」ことはできない
と宣言し、2014年は「より正義と、連帯にあふれた社会を築く
ための真剣な取り組みがされることを 強く求めたといいます。
これまでの法王さんが、どんな方で、何をされてきたのかなど
多くの日本人同様「無宗教」の菊千代は知りませんでしたが…
バチカンで有名なのが”SEXスキャンダル”です。かつてBBCの
ドキュメンタリー「性犯罪とバチカン」という衝撃NEWSが
流されたことがあり「えっ、坊主がエロいのはバチカンも一緒
なんだ~!」とぶったまげたものでした。また、シシリア系の
マフィアなどの“マネーロンダリング”を手掛けていたことでも
知られていたのをはじめ、
「裏世界」の人間だけでなく、世界の名だたる政治家たちとも
「深い関係があった」と、さまざまな書物に 記されています。
かつてバチカン銀行とアンブロシアーノ銀行の関係と その投資
内容を調査していたイタリア警察の金融犯罪担当調査官が 自宅
前で銃撃され暗殺されたり 関係者らが不慮の事故や自殺にみせ
かけて「消されちゃう!」のは 今に始まったことでなく、利権
がらみ事件の「始末のつけ方」としては 世界共通 (゚д゚) かな。
そんなトンでも話が バチカンには つきまとっていましたから、
「そろそろ何とかしないとヤバくね?」的な お話になったかは
知りませんが バチカンのダーティーイメージを一新するための
窮余の一作!として、
南米出身のフランシスコさんを 法王にしたの?みたいな詮索を
してしまうのは 神をも恐れぬ菊千代の妄想ですからお許しを!
さらに驚くべきことはフランシスコ法王がグローバル資本主義
と闘うよう訴えていること。ウォールストリート・ジャーナル
日本語サイトが伝えるところによると「フランシスコ法王は、
カトリック教会が改めて貧者に的を絞って活動するとともに、
グローバル資本主義への攻撃に着手するよう!」呼びかけた。
現在の経済システムは「その根本において不公正」と指摘し、
「市場と金融上の投機の絶対的な自立を守るもの」と、糾弾!
また フランシスコ法王は、
社会の最も弱い人々 とりわけホームレス、麻薬常習者、難民
移民、さらには 高齢者に対するケアを促しています。自らも、
法王庁の周辺のホームレスを招き入れて 食事を一緒にしたり、
外見が“恐ろしい印象を与える!”と、嫌われた難病の人たちを
なんの躊躇もなく抱擁したりしたことも最近伝えられました。
法王は、この種の弱者たちに手を差し伸べるに際して、教会が
傷つき 汚れることを覚悟しなければならないとし 教会にいる
人間が保護された壁に囲まれた安全な場所:教会内にとどまる
のではなく「貧者を支援するために街頭に出るべきである」と
訴えています。もしかして、法王はマザーテレサの再来なの!
こうした動きに対して、
日本の知識人の無関心ぶりは際立っています。とくに“左派”と
呼ばれる人たちほど、グローバリズムの危険性に対する感度が
鈍い!そうな。また、憲法学者、行政法学者、国際公法学者も
「グローバリズム批判をしようとしていない」との怒りの声?
今回は、一部で話題になっている情報を、さまざまな記事から
ピックUPして 菊千代の感想を、やや加えて構成いたしました。
ほな、さいなら (*´ω`*)

ゴールデン街

毎日が「ドラマチック♪」そんなエリアが…菊千代どす。
開発の波が著しい新宿にあって、その一角だけがまるで異空間
のように、あたりとは一線を画し、まるで昭和映画の一コマの
ように、ひっそり そして元気に爆発している。それが(;゚Д゚)!
有名な「ゴールデン街」なんです。その中にあって、まさしく
Theゴールデン街!の名にふさわしいのが、菊千代御用達し店
「しの」です。ママは、この地で堂々40年、勝負張ってます。
着物の布を独特のセンスでアレンジした いつものスタイルは

ママしか着こなせない まさに「オートクチュール」なんです。
真っ赤なルージュをキリッと引いた口元からは、酒とタバコの
煙に磨きあげられた ドスのきいた声が弾けます。
そんな店が
平成25年6月1日、歌舞伎町で「開店40周年記念大宴会!を
ブチかましたのです (^Д^)
しのママは、歯切れのいい口調で、初めて会ったお客さんにも
遠慮なくツッコミ!理屈に合わないことを云うとメッタ切りに
されちゃいます。そのド迫力に「思わずお酒が進んじゃう」と
通いつめる人たち。カウンターには、在りし日の太地喜和子の
公演ポスターが飾ってあります。二人は「喜和子、おっかあ」
と呼び合う仲でした。時には、浴びるほど飲んでは豪快に吠え
まくったという伝説もあります。この店は「解放区♪」だった
んでしょう。もう二度と出てこないような素晴らしい女優さん
でしたね。不慮の事故で早世してしまったのが実に残念(=_=)
カウンターには昔懐かしい黒電話!「インテリア?」と思うと
これが現役「何言ってんだい、これでもちゃんと携帯と繋がる
んだよ!」とママ。当ったり前のことですがママがそう言うと
新たな発見?をしたような気になりますから、何とも不思議。
そんなママに菊千代が、
「今の女優さんで 太地喜和子クラスの魅力と存在感 演技力を
持っているのは寺島しのぶくらいかな…」といったら、ママも
「その通~り!」と共感。「しのぶちゃんは 太地喜和子の話を
ママとしたいって、飲みに来てくれたんだよ…」と、ポツリ。
話は戻りますが、ママ発「開店40周年記念大宴会」のご案内
には「店では 喧嘩したり 泣いたり 笑ったり 毎日がイベント
のような楽しい時間でした。みなさんそれぞれの時代の同窓会
みたいなものだから」と。特製チラシには「オマエが会いたい
アイツも来るぞ!」とグラスを掲げたママのイラストが(゚∀゚)
入れ替わり立ち代りの会場には、のべ500人は来場した模様。
で、当日は、二代目・高橋竹山の演奏から、こんなすごい人が
いたんだ~!というような素晴らしい話芸を持った芸人のみな
さん方!そして極めつけは ゼ~ンブ見えそな「ストリップ♫」
お札を小さくたたんで、口移しする芸に、オトコ共は大興奮!
たちまちチップの山が踊り子さんに!♂って、ホントにアホで
単純な動物ですね (;一_一)
この店の住人といえば 昔から 作家や編集者 劇団関係 ミュー
ジシャン 広告やアート関係 大学のセンセなど 多種多彩です。
八木啓代さん (^^♪ も「浅からぬ ご縁があった」ということ
でしたので、先日、ジャーナリストの方やシャチョさんたちを
誘って、心ゆくまで飲む「ゴールデンな夜」を楽しみました。
だいぶ前から「飲む!」といえばチェーン居酒屋が普通になり
ました。そこは、仲間内だけの空間ですから、わぁわぁ騒いで
時間が来たらお開き!時には「お持ち帰り」のようなオマケが
あったとしても、飲みながら異世代や異業種、奇人変人と交流
何てコトがほとんど無くなって、人間関係に刺激が激減 (T_T)
ゴールデン街には よき時代の「飲みニケーション“古っ!”」が
現存しています (^_-)-☆
「しの」では エラい人もそうでない人もママが“本物”と認定
した人には 惜しみなくエールを送ってくれます。こういう人、
菊千代がエラいさんだったら「人間国宝」に認定したいです。
ほな、さいなら (⌒▽⌒)v

偶然の一致 (・・?

なぜか?考えていることが似ている…菊千代どす。 
「週刊ダイヤモンド」最新号で、小沢さんが話していることが
超 的を射ていて、それほど読む機会のなかった この週刊誌を
「買ってみよう❂」という気になりました。確か この週刊誌、
脱原発発言した編集長が「痴漢冤罪」でしょっぴかれた過去が
ありましたね。今や、当局に嫌がらせされるメディアでないと
信じられなくなってきたという現実って、ヘン過ぎますよね。
小沢さんはインタビューに答え「大手メディアでは大学を出た
ばかりの若い記者がハイヤーに乗っている。いちばんの既得権
利権を持っているのは、大手の新聞とテレビ局ですよ。地方紙
なんかはそれなりに一生懸命頑張っていますが、大手の新聞や
テレビだけはどっぷりと体制の中でぬるま湯に浸かっている。
だから ”これらにもメスを入れないといけない!” というのが
僕の考えなんです。
だから集中攻撃されている。おまえがぶっきらぼうだからそう
言われるんじゃないかとか『もうちょっと笑え』とかね。けど
そんな類いの話じゃありません。僕がこうした大手メディアの
標的にされているのは、彼らの既得権にメスを入れろ!と主張
しているから…」小沢さんは新聞を見ないそうです。特に政治
記事というのは「みんな事実と違う。新聞なんて読まなくても
僕が一番よく知ってるんだよ。経済記事でさえもそう!これは
ウソというよりも、経済は動いているから難しい。経済学者や
評論家の言うことなんて当たったことがないでしょう。だから
見ても仕方がない。メディアが何を書いているのかを勉強する
ための資料として目を通すのはいいが 判断は自分でしないと。
政治記事は事実関係すら違う。参考資料にもならない…」それ
スゴ~くわかります。
ところで、菊千代は4年前まで「B層」でした。吉祥寺で飲む
機会が多かったこともあり、吉祥寺を地元とするあの菅直人と
飲み屋などで同席することも多く、当時は「正義の味方風」の
菅が「いいヤツ!」に見えたのです。結構、オトコを見る目は
確かだった菊千代が、生涯で犯した数少ない見当違いでした。
そんなことで、鳩山さん失脚後の民主党代表選の時、恥ずかし
ながら「菅」が勝った方が…とひそかに思っていたのでした。
行きつけの店のマスターが「小沢さんの方が断然格上だよねぇ
風格が違うよ!」と話すのを「え~」と、聞いたものでした。
それがいつから「小沢支持!」になったのか?不思議でしょ!
キッカケになったのもマスタの一言でした。かつて「植草教授
痴漢の容疑で逮捕!」という事件が大々的に報道されました。
菊千代はオトコって、
地位も名誉もかなぐり捨てても「パンツが見たい動物なんだ」
と思い込み、ずっと植草批判していました。するとマスターが
「あれっ冤罪だよ。小泉の経済政策批判してたから!っていう
理由らしいよ」とポツリ。この頃、菊千代にも遅い「目覚め」
が訪れ、なんか憑き物が落ちたように事実が見えてきました。
やがて、小沢さんが起訴され「世間が小沢叩き」に明け暮れる
ようになると、次第に「何がおかしいのか?」がわかるように
なってきた!のです。よかった (^○^) めでたくB層ご卒業!
それで、さまざまな勉強会などにもマメに参加するようになり
植草氏や孫崎氏「ご列席♪」の飲み会にも顔出し可に (⌒▽⌒)
それにしても、小沢さん支持のみなさんは、偶然の一致なのか
多くのみなさんが
「日本は米国から自立すべき」と考えるのは当たり前としても
動物大好き!それも自分のウチの子だけでなく、不幸な境遇の
動物たちのサポートにも協力的♪というのが共通しています。
美食好きで健康志向!だけど「お酒も嫌いじゃなく」飲めなく
ても、付き合いはいい (^^♪ というのが大半です。さらには
昔「学生運動とかもやってました~」という人がなぜか多い!
共産党員だったナベツネが 権力に目がくらんで CIAとお仲間
になったり 学生運動で 逮捕歴もあるのに、御用コメンテータ
として大活躍のテリー伊東と比べたら、いい進化形ですけど♪
「左翼と保守は相容れないはず!」という狭小な思い込み?は
小沢支持のみなさんの間では、ものの見事に通用しませ~ん。
それが「小沢さんの器」という意見、菊千代も共感しますぇ。
ほな、さいなら (⌒▽⌒)/
プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
8387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2190位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。