スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた今月の

人気ランキングベスト9(^^)v菊千代どす。
Twitterを本格スタートしてから、そろそろ6ヶ月あまり♪
というワケで恒例の「月イチ企画」とさせていただきます。 
ランキングにpickupするのは、50RT以上に達していて
「もう1回、読んでもらいたいな!(^^)!」というものです。
よろしくお願い<(_ _)>
「国民の生活が第一」基本政策で第1の項目は「原発ゼロ!」
「10年後をめどに全ての原発を廃止」を主張。当初①反消費
増税②地域主権③脱原発でまとまろうとしていたが、小沢さん
が「原発は国民の命の問題に関わる」とひっくり返した。本気
で原発を止めようとしているのは「国民の生活が第一」だけ。
覚えておこうね!
訪独を終えた小沢代表は「我々の脱原発の主張に裏づけが得ら
れた」と強調したうえで「福島の事故でドイツ人の原発に対す
る意識が変わった。ところが日本では特に政治、行政、経済界
で、その意識は変わらず、我々の主張は少数派だ。福島を抱え
る日本だからこそ早く国策として脱原発を決めるべきだ」と。
当たり前だよね。
橋下は記者団に「僕は子供に謝る時は週刊誌を送りつけて終わ
りという育て方はしてない」「人間じゃない。鬼畜、犬猫以下
矯正不可能だ」などと激怒。佐野氏についても「向こうはペン
で僕を殺しにきた。佐野を抹殺しにいかないと!彼は僕と同じ
くらい異常人格者だ」などと述べた。やっぱ気が触れている!
B層は気付かない?
朝日、橋下の奴隷になり下がった!週刊朝日連載「ハシシタ」
を巡り次号で「今回の企画立案や記事作成の経緯などについて
徹底的に検証を進めます」などとするおわびを掲載することが
分かった。こんな情けない結末にするなんて、読者への裏切り
行為だ。偏向報道の朝日新聞社と共に潰せ。国民のためだ!
朝日=浅卑だね。
小泉、竹中が導入した究極の資本主義である「新自由主義」は
日本をまたたく間に格差社会にしてしまいました。TPPが導入
されたら格差はさらに拡大することに!米国のように弱肉強食
が徹底された国では「普通に働いて、楽しく穏やかな人生を送
りたい♪」という、ごく普通の考えが通用しなくなります。
人間らしく生きたい!
傲岸不遜で常にイラついている石原をマスコミは絶対責めよう
としない!新銀行東京の失敗で巨額の損失を出したり、招致に
失敗したオリンピックに莫大な税金をつぎ込んだり、繰り返す
人を人とも思わない暴言も、マスコミは積極的に取り上げよう
とはしない。自分の血族以外人と認めない最悪の男なのに!
偏向報道ばかりだ。
夜回り先生ブログ「私は、TVに出た人は五年間は、選挙に出
ないこと。TVに出た人が選挙に出ることは卑怯です。彼らは
TVを利用しています。毎日のように駅頭で、必死でこの国の
明日を語るまじめな政治家たちへの冒涜です。次の選挙では
TVに多く出た偉そうにしている人を支持しないことです」
その通りだね(^_^)v
政治家には、理想と度胸が伴っていないと何事も実現しない。
鳩山さんには理想はあってもそれを実現する度胸がなかった。
鳩山さんに小沢さんのような度胸があったら普天間問題だって
あんな結末にはならなかったし米国をあそこまでつけ上がらせ
なかった。もう政界引退して「生活」のスポンサーに徹して!
ご自身のためにも♪
オリーブの木は平和の象徴であり「丈夫で大地に根を張り実が
なる」昨夜の「国民の生活が第一」新党結成記念パーティ-で
4千数百人もの人を集めた小沢さんの基本構想は「オリーブの
木」。小沢さんは「オリーブの幹は国民、枝葉が国民の平和と
安心を守るため命がけで働く政治家と政党だ」と言っている。
ほな、さいなら(^O^)/
スポンサーサイト

暴走老人

早く「お迎え」が来てほしい…菊千代どす。
10月25日、石原慎太郎は突然辞任と新党結成をブチ上げ!
マスコミは、待ってましたとばかりに石原新党結成報道一色。
知事を突然放り出した緊急会見なのに、まるで新党立ち上げを
一大イベントのように演出して、テレビ各局は放送しまくり!
マスコミは、石原が知事の仕事を放り出したことにはほとんど
触れず、新党結成に問題をすり替えて、石原新党の宣伝のため
公共の電波を大浪費!
犬HKも当然のように、冒頭から30分近くをこの話題で独占!
石原新党結成を視聴者に積極的にアピールしていました(@@)
それは、石原新党の政見放送であり、石原ヨイショの特別番組
色丸出しでした。「街の声を聞く」という恒例のパターンでも
「石原さんなら何かやってくれそう!」という声をかき集めて
週末の世論調査での石原支持率を一気に上げようとする企みが
見え見え、どこが「みなさまの犬HKだよっ!」と思わず声が
獰猛な野獣になった、心ある方は少なくなかったと思います。
この日、ホテルニューオータニに4千5百人余りの人々を集め
「国民の生活が第一」の結党記念パーティーが開かれました。
各局TVカメラが並んではいましたが…、番組ではスル―!
党名も決まってない
党の理念や党員が誰であるのかも全く白紙状態。党の活動計画
もワケがわからないまま、石原個人の思いつきとしか思えない
一方的アピール(-_-)この程度の「新党情報」ならこれまでに
何度も本人がマスコミを利用してアピールしていたネタと同じ
目新しさは全く無く (=_=) ニュースといえば、都知事を辞職
したという点だけ!石原には、何故今この時期に辞めるのか?
どうして知事を続けながら「新党活動」ができないのか国民に
対して説明責任があるでしょ!知事を辞めた今となっては石原
は「ただの有名人」でも、狙いは当然「首相の座」ですよね。
息子を自民党総裁に
しそこなったから「自分が首相になりたい!」これって単なる
「欲ボケじじい」以外のなにものでもないでしょ!最悪です。
石原がハシシタ維新などに呼び掛けていますが、基本政策方針
が大幅に違う者同士と組むなんて「選挙のみ目当ての野合!」
石原は、脱原発や消費増税「些細なこと」といい、今になって
「官僚支配を打破すべき!」といい出しましたが、早速、あの
田中真紀子は「自分が議員のときに出来なかったことを80歳
になってやりたいなんて『暴走老人』でししかない」と一喝。
真紀子センセ正しい!
石原は自己アピールだけのために、これからテレビに出まくる
魂胆ではないのか?犬HK、日テレ、TBSをはじめ、各局に
我が物顔で居座り、スタジオは新党の事務所代わり!思うまま
放言しまくり「B層人気!」を手中に収める作戦ですかねぇ?
そう言えば橋下もテレビジャック状態だったことがあります。
橋下人気が落ち目になった今、マスコミ各社は石原を投入し、
選挙に向かって世論を「右へ引っ張ろうと画策している!」と
多少ものを考える人なら感じるのは、ごく当ったり前のこと。
背後に米国⇒官僚⇒電通サマが付いて、仕切っていますもん。
で、石原の今回の動きについて、中国も黙っているワケはなく
当然ながら石原批判を
開始!その中に「太陽の季節は終わった!」というのがありま
したが、さすがよくわかっていらっしゃいますよね♪マスゴミ
各社は、尖閣問題でダメージを受けた石原を何とか救済して、
石原の中国への恫喝を国民の「声」にしようと、石原の露出を
多くすることに必死!御用ジャーナリストたちは、石原を暴走
させたいのでしょう。そうやって石原旋風を起こし、解散政局
の波乱に持ち込んで「自分たちの出番を作りた~い!」という
意図が見え見えです (-。-) 反原発、沖縄問題、尼崎殺人事件
などの話題ばかりだと彼らの出番が少なくなって儲けが減る!
自分たちの商売繁盛のため何としても石原を「商品」として、
市場投入して「稼ぎたい」。マスゴミに登場するのはその手の
加齢臭オヤジばかりで、鼻をつまんでいる菊千代は窒息そう!
ほな、さいなら(^O^)/

ハシシタって…

盛り上げた後、あっさりお詫び…菊千代どす。
橋下は「敵対者を絶対に認めない!」非寛容な人格であり、 
「自己実現のためになら手段を選ばない」異常キャラ(-_-)
その橋下が何故このような人格になったかのルーツについて、
「週刊朝日」は、できるだけ詳しく調べあげなければならない
と考えて「この企画を考えた。文句あるなら論破しろ!」と、
編集長+取材班、そして佐野氏は、マスゴミの批判を突っぱ
ねられなかったのか?佐野氏だって、自ら書いているように
この記事を「覚悟を持って書いた!」のだとしたら、こんなに
あっさり謝罪するなよ「このへタレが!」と言ってやりたい。 
この記事自体は、
読み応えのある、佐野氏独特の文体だったと思うのですけど。
同和地区問題に関しても血脈問題に関しても、また、父親が、
893で自殺した問題に関しても、本人の力ではどうしょうも
ない問題を取りあげて批判するのは、言論人として、どんだけ
卑怯で「真っ当でない?」かは、文春の記事や新潮の記事など
でも、これまで「さんざん批判の的にされて」いましたっけ。
そんな過去があっても、編集長が佐野氏に「あえて書かせる」
からには「相当な覚悟があった」のだろうと思っていましたが
何のことはない、朝日側も佐野氏もは早々に「逃げた」としか
思えないお詫びコメント!納得いかないんだったら、戦えよ。
言論の自由掲げて!
「週刊朝日」による「ハシシタ」の連載に抗議して、橋下は、
朝日系列のメディアの質問には答えないと言いだし、大騒ぎに
なり、橋下だけでなく、多方面から「週刊朝日」に対し批判が
集中しました。編集長は謝罪したうえで、連載は異例の一回で
打ち切り (T_T) と言うことに!もう、トホホ以外に言葉が…
何だか、この経緯を見ていたら、せ~っかく支持率が低下して
きた落ち目の橋下を「維新の会」と「朝日新聞」がウラで手を
握って「塩を送った?」と勘ぐられても仕方ない…と思うのは
この広い世の中、菊千代ひとりだけではないでしょう (@_@)
謝罪する以前の
問題として、やったことと、その後の対処がバランス悪過ぎ。
編集長、取材班、佐野氏ら、みなさま方のジャーナリストとし
ての資質を疑いたくなりました。一読者としては、久々に読み
応えがあって、ジャーナリストとしての「覚悟ある記事!」を
読ませてもらった~!と、いたく感動していただけに裏切られ
たようで残念。今回の問題は言論の自由の問題も含んでいて、
今後、報道規制にまで発展しないか?なども考えると、朝日の
責任はきわめて重いのではないでしょうか。反省しろよ(-_-)
橋下のような暴力的政治家がのさばるのを、見て見ぬふりでは 
許されませんから。
橋下は、キツ~イ取り立てもこなしてきたサラ金弁護士上がり
なので修羅場は慣れっこ!22日橋下は、お詫びが掲載された
同誌が市役所に届いたことを明かし、 記者団に「僕は子供に
謝る時は週刊誌を送りつけて終わりという育て方はしてない」
「人間じゃない 鬼畜 犬猫以下 矯正不可能だ」などと大激怒。
佐野氏についても「向こうは、ペンで僕を殺しにきた。佐野を
抹殺しに行かないといけない」「僕と同じくらい異常人格者。
佐野のルーツを暴いてほしい」とも述べ、この日は何と1日に
80回以上も過激ツイート (>_<) ハンパない強烈さですよね。
とても、まともな「政治家の発言」とは思えない異常さです。
それはともかく
日本マスコミの「お家芸」といえば、横並び叩きまくり報道。
「週刊朝日事件?」後は、報道番組?のコメンテータたちは、
待ってましたとばかりに「人権!人権!」と、意味も解らない
くせに、キレイ事で橋下を擁護。彼らの話しを聞いていると、
「記事を読んでいないな」ということが丸分かりな方ばかり。
作家上がり、モデル上がり、タレント崩れのおばさんたちは、
一度「週刊朝日」の記事をちゃんと読んで、自分なりの検証
をしてから発言すべきなんじゃありませんかねぇ…(;一_一)
こういう方が多いから「女はバカ」っていわれるんですよぉ。
ほな、さいなら(^O^)/

ネコはワガママ

ネコ派(・・? イヌ派(・・? 千代どす。
ネコ派とかイヌ派とか、よくいわれますが菊千代は、どっちも
好き (^_^)v この質問、ウイスキーと焼酎のどっちが好き?と
聞かれるのと同じくらい、答えようのない難しい?質問です。
ところで、だいぶ前に出版された本で、気に入って何度も読む
本の中に「ねこはどうしてわがままか」というのがあります。
タイトルを見ただけで、ネコ大好きな人にはそそられるものが
あるかと思いますが、この本はネコを見ると「カワイイ~」と
盛り上がっちゃう、ネコ好きな人を喜ばせるタイプのよくある
「ネコLOVE本」とは
全く違いますから、ネコをめぐる“感動的お話し”を期待して
読むとちょっと期待外れかも。この本の著者は日高敏隆という
動物行動学の世界的権威として知られる先生、残念ながら数年
前に亡くなられました (=_=) best sellerとなったコンラート
・ローレンツの「ソロモンの指輪」や「人、犬に会う」などの
翻訳本は読まれた方も多いことでしょう。昔、先生が武蔵野市
に住んでいた頃「吉祥寺の迷宮」ハモニカ横丁に夜な夜な出没
され、居酒屋のカウンターでハイボールのグラスを傾けながら
「動物の交尾行動と人間の男女の恋愛行動の比較?」といった
飲み屋でしか聞けない「深イイ話♪」を聞かせてくれました。
その話が面白くて
学生を始め、実に多彩な個性ある人たちが店に集まりました。
当時学生だった菊千代は、飲み屋のカウンターで、隣に座った
ことがご縁で、すっかり親しくなりました♪佳き時代でした。
今どきは、飲み屋で「ステキな大人」と出会って、耳学問的な
知識や雑学、さらに「男と女のちょっとアブない粋な話」など
聞く機会はほとんど無くなりましたよね。こんな体験ができた
のは、カッコよくて多彩な「知識人」が居て、世代間の交流が
普通にあったからですよね。今は、知りたいことがあったら即
Netで検索します。
大人と会話するなんて「ウザいし、カッたるい…」子どもの頃
から友だちと外で遊ぶことより、ゲームをすることが多かった
子たちは、いちいち誰かに聞くより、パパッと検索するほうが
面倒がなく、お手軽 !(^^)! と考えるようですが、カンタンに
覚えたことはカンタンに忘れる!この法則、正しいですよね♪
時間をかけてじっくり覚えると、それなりの効果はあります。
あ、本を紹介しようとしたのに、前置きが長過ぎましたよね。
「ねこはどうしてわがままか」を、読み進んで行くと、恋愛の
真っ只中にある
人間の男女の不可解な行動が、虫や動物たちの「子孫を残す」
ためにやっている行動と、見事なまでに重なってしまう事実が
興味深く語られていて「へぇ~そうだったんだぁ!」と思わず
うなづいてしまう場面が何度もあります。人間も、動物も虫も
種族保存本能という視点から見ると「大差ない?」んですね。
読み終わると「人間ってホントはかわいい生き物なんだぁ」と
心が少しだけ広くなったような?気がしますから不思議です。
とはいえ、原発や消費増税、TPPなど、推進派のみなさまを
「ま、いっか」と、許してしまうような変化は起りませんよ!
ほな、さいなら(^O^)/

一緒が安心

VUITTON のバッグを持ちたい女子 (+_+) 菊千代どす。
バブル頃から、繁華街を歩くと、百貨店の袋よりVUITTON
Bagを持って歩いている女子と、すれ違うことが多いような?
最近は、中国都市部でもこうした傾向が見られるといいます。
VUITTON に象徴されるように、日本人は何でも横並び好き。
どうしてそんなに「みんなが持っている」ものがほしいのか?
中には「食費を削ってでもVUITTONを買う」女子もいます。
みんなと同じでなきゃ!という恐怖感は、モノだけではなく、
「みんなが美味しいという店」や「みんながやってる趣味」に
まで及びます(>_<)
「みんなが…」それは当然「政治的」にも反映されています。
「みんながそう考えています!」そう言われると、何の疑いも
なく「だったら自分も!」みたいな気分になってしまいます。
世論調査が「世論誘導」と云われる意味がよ~くわかります。
日本人は、熱しやすく、冷めやすくて、同じモノが大好き♪
菊千代がブログを通して親しくなった方は、何人かいますが、
中には、地方や海外に暮らしている♪日本の方もおられます。
オーストリアのウイーンに暮しているhannaさんは、海外で
生活している方ならではの日本の政治や文化への視点があり
ハッとさせられることも少なくありません。(linkしています)
ウイーンは「音楽の都」という印象がありますが、国連都市で
あると共に、
永世中立国で、社会主義寄りにあることが「この国の平衡を保
っているように思われる」と、彼女はいいますが、最近は資本
主義的傾向が強くなって、伝統的な街の様子が大きく変わって
きたとも。コーヒーとケーキが歴史の街に、スターバックスが
堂々とオープンし、チェコやハンガリー方面から移動してくる
観光客が「ブランド物の紙袋」をどっさり持ってやって来る!
こんな状態は、15年ほど前のウイーンでは想像だにしなかった
光景だそうです。菊千代は、パリやローマ、ウイーンなどへの
アメリカのファストフード店出店を、超不快に思っています。
ハンバーガーやチキンなど野蛮な食品は自国だけで消費しろ!
といいたいです。
資本主義がもたらす結果は、あまりにも悲惨過ぎる!と彼女は
いいます。かつて、東欧圏の人々がウイーンに買い物ツァーで
やって来た頃、物資不足のせいもあって、彼らはウイーンの人
たちの使い古した電気製品なども喜んで持って帰り、ウイーン
の人たちは、ごく日常的に物価の安い東欧で日常品を買うため
国境を越え、農家さんたち手作りのサラミやチーズ、手編みの
テーブルクロスや、刺繍のブラウスなど、素朴で温かいものを
好んで買っていましたが。現在では、そうした流通は少なく、
「金儲けのためなら全て許される!」という究極の資本主義=
新自由主義の影響が、周辺国にも忍び寄っているといいます。
究極の資本主義国
日本からやって来たヒトたちは、やや羨望の目で見られていた
のと同時に「経済ばかり重視される国…」として反感を持たれ
ていたことも確か!その究極の「経済の国である日本」が今や
追い詰められてしまった惨状を、彼らはどうみているのか…?
「弱肉強食!」で、強いものだけが勝ち残る!資本主義経済が
もたらす不幸を「日本人もそろそろ気づいたほうがいい!」と
彼女は訴えています。一部の人々の都合のいいように解釈され
争いと略奪の原因になってきた宗教と同様、民主主義も一部の
人たちの利益のために、巧く操作されてきたのは歴史的事実!
「民主主義」という言葉の醸す「幻想」に目覚めなくちゃ♪
ほな、さいなら(^O^)/

Gayでも子孫…

メディアフィーバーにはウンザリ…菊千代どす。
京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞した。
教授は、iPS細胞研究所の所長であり、50歳という若さ!
ノーベル賞といったら、これまでは高齢の受賞者が多く受賞の
理由となった研究は「長い期間の成果が評価される!」という
パターンが多かっただけに、今回は異例の受賞なのだそうな。
日本は、政治も経済も出口の見えないくらい低迷し、フクイチ
原発事故後の処理も遅々として進まず、尖閣問題など外交でも
バカ丸出し(>_<)
そんなときに、国民を元気づける明るい話題であるのは間違い
ないBigNewsではありますが、予想通~りのメディアィバー!
ぶりにはわかっていたとはいえ、うんざりさせられますよね。
少し前は「ポンポン痛い…」で仕事を放り投げた安部ちゃんが
総裁に選ばれ、絶命寸前の自民党が息を吹き返すのを全面応援
するような横並び大報道を、連日のように展開していました。
“官僚の飼い犬”となった野ブタ民主党の支持率が下がるのは
当然としても、安部ちゃん出戻り?の旧態然の自民党だって、
報道に値する目新しさは全く感じられないのに、何としてでも
自民党がいい!
という、財界やマスコミは余程嬉しかったらしく、まるで総理
にでもなったような?はしゃぎっぷりで「これでまた甘い汁が
吸える!」ことが決まったかのような喜びようでしたよねぇ。
竹島、尖閣問題が大きく報道されたことで、ナショナリズムに
火が付き「憲法を改正して核武装も必要!」という威勢のいい
タカ派発言がウケているようで、先行き不安にはなりますが…
とはいえ、威勢のいい発言で存在感をアピールしていた橋下は
化けの皮が剥がれてしまいました (>_<) 気持ち悪くなるほど
橋下の言動を持ち上げまくっていたマスゴミが次第に批判的に
なるにつれ、
橋下人気は急下降 (^^) 期待感はバブルのように弾けました。
政治家やタレントが持ち上げまくられた後、急に叩かれまくり
ある日「嫌われ者」にされてしまうのは、よくあるパターン!
ノーベル賞主唱者は持ち上げまくられた後、叩かれまくられる
ということは無いにしても、メディアフィバー恒例パターンは
今回の山中教授ノーベル賞!でもいかんなく発揮されました。
各局とも「山中教授感動秘話」をこれでもか!と報道します。
あまりのことに、山中教授もいささかウンザリしていた模様。
思わず笑っちゃったのは、山中教授の会見中、野ブタが携帯に
祝福のお電話!
そして、あの田中真紀子サンまで喜々としてコメントしていた
こと (=_=) 便乗して人気回復を狙う何て恥かしくない(・・?
こんなことで野ブタを見直すワケないでしょ!そこまで国民も
バカじゃないし!この過熱報道は、ノーベル賞受賞式にかけて
盛上るに違いない (-_-) でしょうね。それにしてもこれまでの
ノーベル賞受賞の研究内容は、一般人には「何のこっちゃ?」
でしたが、今回の受賞は素人目にも、何のために役立つのか?
解りやすい!菊千代周辺のGaycoupleは「これでワタシたち
にも子どもが持てる!」と、涙ぐんでいたらしい♪との噂が。
でも、村上春樹がノーベノーベル文学賞を逃したのは、残念!
選考のセンセ方の間でも
「日本人が2人も受賞したら、中国がまた騒動起こしまっせ」
な~んて配慮が働いたかどうかは不明ですが、前評判によれば
村上春樹がダントツ一位でしたから、勘ぐられても仕方ない?
それにしてもメディアも、報道すべき事実はゴマンとあるのに
ノーベル賞フィーバーをいいコトに、フクイチもオスプレイも
見て見ぬふりを決め込んでいるのは、誰の目にも明らか (-_-)
このフィーバーを、一日でも長引かせたい!のがホンネかな?
ほな、さいなら(^O^)/

有名人が…

あっ、また改行が…菊千代どす。
5~6文字前後の超短い文章を何行にもわたって改行しながら
だらだら書くだけでなく、ご丁寧にも短い文章の間に何行もの
空白行をはさんだりするブログって…このパターンの発祥は、
芸人やタレントからといいます。読み書きが苦手だから(・・?
中高生ブログの多くはこのパターンをマネっ子?しています。
子どもだから仕方がないとしても、分別ある?中高年までが、
「流行だしカッコいい?」とマネるのは、いかがなものか…。
悪化は良貨を駆逐する!
のは定説ですが、チープな流行ほど感染力が強い!のも定説。
どうも、改行が多いほど読みやすい?という根拠のない認識が
おバカブロガ―の間に広まっていたようで、100字分くらいで
表現できる内容を1000字超のスペースで書いているブログも
あり、かえって読みづらく、知性を疑いたく(-_-)なります。
あの人気の店でお友だちとランチ♪など、ど~でもいい内容を
だらだら書いていて、おまけに顔モザイクなんかにしていると
「個人情報の意味が解っているのかぁ」と、思わず突っ込み!
入れたくなってしまいます。もちろん解ってなんかいません。
やたら改行を増やすことで、
表現にリズム感のないおマヌケ(@_@;)な印象のブログもよく
ありますが、これが増殖中(>_<)普通の知能と読解力を持って
いれば、5文字書いて空白が5行なんて「はぁ?」ですけど。
IT関係の友人は、この手のブログはアメブロが一番多い!と
いいます。“芸能界ご用達しブログ♪”がウリだから仕方ない
としても…「水が低きに流れる」の例えのように、人間、しっ
かり意識していなければ、低い方に同調してしまいがちです。
残念ではありますが…ラクやお得が好きなのは、みんな同じ!
そして「低きに流れる習慣」が定着してくれることを喜ぶのは
政治に関わる方々。
見慣れているもの、耳慣れている情報が、正しいような錯覚を
起こしてしまうのも「低きに流れる」のと。似たようなもの。
で、国民の意識が「低きに流れる」ことを、積極的にサポート
しているのは、テレビ、雑誌、新聞などの大手マスコミです。
「テレビで、○○さんが言ってたから…」と、何の疑いもなく
信じてしまう!という話はよく聞きますが「有名な誰それ?」
の影響は思いのほか強いらしく、友人は「母親が○○さんが 
言っていたからと、毎日トマトを山ほど食わされて困った…」
何て話していましたが、その程度なら微笑ましいですみますが
命や生活に関わること、だったりしたら「微笑ましい♪」では
済まされません(>_<)
毎度おなじみですが、ここまで来て話はガラリと変わります。
マスコミのみなさま方が、アメポチである官僚、財界と同様、
自民党か政権に返り咲くことを熱望 (=_=;) しているのは見え
見えですよね。よ~く考えたら、その実現のため自ら率先して
働いているのが、何を隠そう野ブタなワケです!国民を平気で
騙し、誰もやりたくない汚れ仕事をちゃちゃっと片づけ、悪法
を次々と「決め!」自民党が働きやすいようにと、日々環境を
整えています。国民のためにはあんなにも努力を惜しんでいた
野ブタが、こんな働き者だったなんて、ぶったまげましたよ。
ほな、さいなら(^O^)/

表現は正確に

言葉がおかしい(;一_一) 菊千代どす。 
こんな指摘は今に始まったことではなく、菊千代が若い頃も、
大人たちに「最近の若い子たちの言葉が乱れていてお下品!」
というようなことは、よく言われていました。とは言っても、
言葉は「生きもの!」ですから、変化していくのは当たり前!
教養のある方は別として「源氏物語」を原文で読んだとしても
さっぱり解りません。それでも、平安時代から江戸時代、明治
大正、昭和初期と下ってくると、少しずつ文章が理解できる?
ような気はします。
そう考えてみたら、平安の昔から現代に至るまで、日本語が、 
微妙に変化し続けていることは、菊千代にだってわかります。 
言葉が変化していくのは、新しい言葉が生まれると、古い言葉
が使われなくなり、使わないと当然「忘れられ消えていく…」
マスコミやネットが発達した現代では、新たに魅力的な表現が
生まれると、瞬く間に全国に浸透して行きます(^^♪ そのうち
その表現が行きわたり、飽きられてくると、次にまた、新しい
言葉が生まれ、古い言葉は「ダサい」といわれるようになって
死語の世界へ (=_=)
時代が変わってもそれは繰り返され、言葉は進化し続けます。
80代の人たちは「オシャレ」を「ハイカラ」なんていいます。
「ステキ!」は、60年代には「イカす」80年代は「ナウい」
やがて「トレンディー」になるなど、目まぐるしく変貌(+_+)
そんな風に、軽い言葉が変化していくのはよろしいのですが、
表現が変わることで、本質が見えにくくなってしまうことも!
例えば、万引きやいじめ、援交となどは、表現を換えることで
「大したことない=軽いこと?」と思い違いされちゃいますが
万引きは立派?な窃盗!いじめは、恐喝⇒脅迫⇒暴行!援交は
売春です。未来ある子どもだから更生の機会を!という配慮が
働くのか (・・?
言葉を言い換えることで「大したことはしていない?」と思わ
された子どもは自覚すべき「罪」を、スル― (^_^;)します。
子どもの未来のため?という、くだらない配慮により、自分が
やったことの「重さ」を理解させないことのほうが、はるかに
教育的配慮を欠くことでしょ!そんな気遣いで「罰」を帳消し
にされた子どもは大人になっても「何でもナアナアで済ませら
れるんだ」と思い込み、自分で考えて判断ができない人間に?  
言葉の言い換えは、
マスゴミにもしっかり浸透しているので、深刻な問題をわざと
ボヤかすためにもとても重宝されています。よく使われるのが
「リストラ」ですがリストラという言葉が耳慣れてしまった?
せいか、それほど深刻な問題とは感じなくなっていますけれど
リストラはいわば強制解雇であり強制的辞職!そうなることで
人生は大きく狂わされるのですから、マスコミも「リストラ」
何てカンタンに言わず「強制解雇」と言うべきだと思います。
その他にも、
強姦を暴行と言い替えるのも許せない!殴ったり蹴ったりする
のと強姦とは、根本的に違うことですから!強姦が時としては 
「セクハラ」と表現されることもあって、これには唖然(>_<)
「監視カメラ」を「防犯カメラ」と言い換えるのもNGです。
もちろん防犯効果があるとは思いますが「見張られている!」 
のも間違いない事実ですよね (T_T) 気をつけたいですけど。
そういえば、何でも「カワイイ♪」という表現も氾濫していて
上品な人や華やかな人、美人なヒトも一括りで全部カワイイ♪
ちなみに菊千代は、カワイイとか美人とかこだわりませんよ。
ほな、さいなら(^O^)/

TVはBSかCS

TVはBSかCS
マトモな会話が成り立たない…菊千代どす。
最近「マジすかぁ、すげぇ~、ウケる~、やべっ」のような、
短略化された言葉しか使わない若いコたちが増えていますが、
「流行モノ」の感染力には、ホント驚かされます。というのは
いい年こいた大人まで、そんな言葉で会話していることが多く
唖然とさせられる (@_@) 場面に何度も遭遇しているから…。
彼らは「ノリ」だといいますけど、おっさんやおばちゃんまで
そういう風潮に何も考えずに合せちゃうって、情けない(-_-)
子どもから大人まで、
こんなことになってしまった原因って、低俗バラエティ番組の
氾濫に原因があるのではないのか (・・? 最近の若いコたちの
情報源はバラエティー番組+周囲の人との会話やメールのみ。
ネット検索するのは、芸能人のアメブロ程度 (T_T) だとか。
聞くだけで目眩がしそうですが、それ以外には全く興味無い。
そのせいか、内容のある会話がほとんど成り立たない!彼らの
好む話題といえば、芸能人や芸人、アニメ系のネタばっかり!
また、人の話を聞かず、一方的に話すだけというのもこの手の
人種に増殖中!おバカ濃度が圧倒的に高いのは、日本国民だけ
ではない?と思いますが、TVがそれに輪をかけていますね。
いくら「国民はバカで素直が扱いやすい!」とはいっても…、
ものを考えない
人たちが、次の世代を担うって、もう「国家的危機」でしょ!
このまま“自民党が政権をとるようなことにでもなれば”橋下 
維新を巻き込んで、改憲まっしぐら!というのは目に見えてい
ます (+_+) まさに米国の狙い通~り!当然TPPも導入され
ることになり、近いうちに21世紀における「究極の植民地が
極東の地に実現する!」といわれていますが、現実にそうなっ
たとしても彼らは、全く気付かないでいるのかも知れません。 
それにしても、日本のバラエティー番組って「恥ずかしい」。
バラエティーの基本は「風刺ギャグ」。でも、芸人、芸能人、
局のみなさまには
「風刺」の意味が全く解りません(@_@)風刺の表現は、政治
や経済、社会のあれこれを、深く理解していなければ不可能。 
面白おかしければいい!というおバカレベルでは無理ですね。
目立つこと、笑いを取るためなら命がけで局の要求をのむ!
芸人や芸能人は、TVに出続けるためだったら何でもします。 
炎の中に飛び込めとか、ガケから飛び降りろ!といわれても、
注目してもらえるんだったら「やっちゃう」悲しいサガです。
地上波TVでは、残念ながら「そんな程度」の番組しかない? 
CSとBSでは
かなり質の高い番組をやっています(^^♪先週の日曜日のこと 
素晴しい番組と出会いました (^’^) 14時から、BSジャパンで
「世界で最も描かれた女 ジェシー・ソリドール」。日本では、
レオナルド・藤田が描いたことでも有名な謎の美女の話ですが
その半生と魅力の源泉を深く、きめ細かに描いた名作でした。
BS朝日では、21時から「五嶋みどりがバッハを弾いた夏」。
彼女の音楽に対するひたむきさと、質素を旨とする私生活が、
坦々と綴られた上質な作品で、実に見応えのある内容でした。
CSかBSで観たい番組をセレクト♪して、ニュースや報道は
インターネットやTwitter、facebookで多彩な生の声を聞く。
そういう「情報収集スタイル」の人、多くなってきましたよ。
ほな、さいなら(^O^)/
プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
5275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1396位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。