スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄伝説って

歴史を勝手に脚色したらアカンのでは…菊千代どす。
司馬遼太郎は才能ある作家ではありますが、坂本竜馬の解釈に
ついては「ちょっと違うんじゃない?」と、異論を唱える人も
少なくないという点も知っておくべき!と菊千代は思います。
司馬遼太郎は、坂本龍馬を歴史的ヒーローであるだけでなく、
革命家!でもあるかのように書いていますが、それは一方的な
見方で、龍馬の実体は「有能な武器商人だった」というのが、
正しいかと思えます。龍馬は元々、町人の家に生まれました。
ですから、彼のDNAの根底にあるのは”商人の血”ではなかった
でしょうか。彼の夢は、海外交易を中心とした「貿易商社」を
ど~んと立ち上げて、
「一儲けっ」という考え!それを実現するために、どうしても
幕府を潰しておく必要があったというワケです。龍馬にとって
「明治維新」は、俗に言うようなイデオロギー的改革ではなく
自分のビジネスを具現化するために、利用した手段に過ぎない
と指摘する研究家もいます。つまり、経団連・米倉的な財界人
の発想で、政治を変革させたのだと (゚Д゚)ノ 確かに、龍馬には
並みの人間では思いつかない斬新な発想や行動力があった事は
「間違いない!」とは思いますけど…司馬遼太郎独自の脚色と
解釈によっていつの間にか、坂本龍馬は「革命家」であるかの
ように祭り上げられてしまいました。が、龍馬の実体は起業家
+出来る商売人であって、
あのスコットランド出身の武器商人B・グラバーを代表とした
幕末の「武器代理店のオーナー」に過ぎないと考えられます。
そして今や歴史的英雄に祭り上げられた龍馬は、司馬遼太郎の
視点を無視して描くことが“不可能?”になってしまいました。
坂本龍馬が「英雄!」として描かれない舞台や映画は、きっと
商業的に成立しないでしょうし、彼が有能な武器商人であつた
ことから紐解くようなドラマは、日本人の内部に定着している
「英雄像」を破壊することになるので,hitの見込みは (・・?
龍馬伝説で集客している観光地だって、黙ってはいないはず。
「忠臣蔵」と同様、日本人の精神文化に深く、強く食い込んだ
感動秘話(T_T;)ですもん。
龍馬に憧れ「海援隊」なんてバンドを作っちゃった人もいる程
芸能人や起業家には熱烈な支持者がいますからねヽ(*´∀`)ノ
龍馬は、武器商人グラバー商会から、薩摩藩名義で武器を買い
付け、それを長州に転売していました。それだけでなく武器を
転売して利ザヤを稼いでいました。まっ、それは商人としては
当たり前ですが、龍馬は紀州藩を相手に詐欺も働いています。
「いろは丸沈没事件」で龍馬は、紀州藩から賠償金をせしめる
ことに成功しましたが、沈没した船には賠償額の根拠とされた
積荷の武器が全く存在しなかったそうです。ズルだぞ~龍馬!
何だか「核兵器を隠し持っている!」といいがかりをつけて、
イラク攻撃したブッシュと、アタマの構造が似ているような?
おヌシもやるわな~!
超策略家で、人を騙すことに全く罪の意識を感じない龍馬を、
勘違いして、あの「キューバ革命の英雄」チェ・ゲバラと重ね
イメージする人もいるとは聞きますが、ゲバラを尊敬している
人にとっては、ゼ~ッタイ「許せない」思い込みです (゚Д゚)ノ
FBで偶然見つけた投稿に「龍馬は今で言う、政治に裏で影響を
与えているソフトバンクの孫正義的存在だろうと思われます。
龍馬は『今日のような財界が政治を裏で牛耳る』ような道筋を
形作ったA級戦犯というか「張本人」と言えるかも(@_@」と
ありましたけど、この見解、菊千代は全面的に認めたいです。
ほな、さいならΣ(゚д゚lll)
スポンサーサイト

高学歴が足かせ?

必死で勉強したって将来がこれじゃ…菊千代どす。
かつて、出世や結婚などに「学歴は武器」とされていました。
ところが最近では、名だたる大学院を終了しても、非正規雇用
ひどい場合は無職!となってしまう若者たちが、続々生まれて
いる…という現実がnetでは、数々報告されています(゚Д゚)ノ
歯科医や弁護士にワーキングプアが増えているということは、
このところ話題になっていましたが、そんな高学歴ワーキング
プアの実態が何例か「ポストセブン」で紹介されていました。
30代前半で、京都大学大学院で博士号を取得したある男子は、
大学の授業を週2科目担当する非常勤講師をしながら、同時に
毎朝「ゴミ収集アルバイト」も続けているといいます。生活を
維持するために(-_-;)
大学非常勤講師の月収が6万円。生活費に加え資料代や研究費
などの経費まで自己負担のため、アルバイトせざるを得ない。
こんなことになってしまった原因は1991年、当時の文部省が
始めた大学院重点化政策により、将来、修士、博士のニーズが
高まるとの予測がされていたためです。このため1991年には
10万人だった修士・博士は2011年、約26万人まで激増(^Д^)
けど増えてしまった院生たちに、働き先が用意できなかった!
これって、歯科医や弁護士が増え過ぎて「仕事にあぶれて…」
しまったのと構図は全く一緒ですよね。たんなる思いつき的な
政策だったような (^Д^)
記事によると今、博士が大学教員として正規雇用されるかは、
研究実績よりも「ポストに空きがあるかどうか」といいます。
院生を増やしても、上の世代がポストを空けなければ行き場は
ないワケです。大学側も正規教員を抱える余裕はなく、非常勤
講師を増やしていく流れは「将来にわたって止めらない」と。
こうして大学院重点化以降、とくに文系の修士や博士となった
30代前半~40代前半までがブ厚い高学歴ワーキングプア層を
形成していると言いますから悲惨です。菊千代が子ども時代は
「末は博士か大臣か!」などと親世代が憧れたものでしたが…
今、安倍ちゃんも麻生ちゃんも定番の東大卒ではなく、ちょい
落ちの成蹊大と学習院大のご出身!アタマの出来はおいといて
親も子どもも憧れません!
修士・博士たちが大学教員をあきらめ、民間企業に就職しよう
にも、民間企業が彼らを受け入れるには (-_-;) 修士・博士の
称号は、むしろ足かせとなるとか。新卒一括採用が基本の企業
にとっては「学部卒と同程度の就労経験はないのに、年齢は上
だから高い給与を払うことになる」なので、修士・博士採用は
民間企業でも敬遠されることに。東京大学の大学院博士課程を
修了した人の就職率が56%という数字、何をか言わんやです。
文科省は修士・博士のキャリアサポートに乗り出し、企業との
マッチングを行なっているといいますが、状況改善する兆しは
あまり見えないらしい。
そもそもこのような施策が取られた背景は、少子化で学部への
新入生が減少するので「院生を増やして収益を維持したい!」
という大学側の思惑があるといいます。これから先も新入生は
年を追うごとに減少を続けていきます。そんな現実があるので
大学側は院生の数を適正化しようとはしません。格差の底辺に
突き落とされる「高学歴プア」は、増加を続けることになる?
それでも厳しい現実は見て見ぬふりで、役に立たない高学歴の
若者たちを再生産していくというの?高学歴を武器に官僚やら
政治家になった方々。どう考えてもバカ!としか思えません。
ほな、さいならヽ(`Д´)ノ

死んでほしい

死にませんなかなか(^<^)だって…菊千代どす。
麻生太郎副総理兼財務相は21日、社会保障制度改革国民会議で
医療費問題に関し「チューブの人間だって、私は遺書を書いて
そういう必要ないから、さっさと死ぬからと手渡しているが、
そういうことができないと死にませんもん、なかなか」と発言
しちゃいました。麻生ちゃんはまた「死にたいとき、死なせて
もらわないと困っちゃうんですね、ああいうのは」だって~。
また「いい加減に死にたい!と思っても『生きられますから』
なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金でやって
もらっていると思うとますます寝覚めが悪い。さっさと死ねる
ようにしてもらわないと」
何を言いたいのか?見え見えで、この人の本音というか自民党
のみなさま方は、概ねこんな考えなんだろうなぁ (-_-;) って
想像はしていましたよ。昨年、石原ノビテルが報ステ出演の際
「生きていても仕方ない老人などは『安楽死』という手段も」
的ニュアンスの話をして、古舘アナを慌てさせたのは記憶に!
まさに、自民政治の本性をさらけ出したというか、財務官僚が
日ごろ考えている「理想」を代弁したというか、実にお粗末。
超高齢社会が”国家財政を圧迫”するのはわかりきったこと。
ますます高齢社会に加速がかかる日本はこの先、この不可避な
課題と向き合わざるを得ない!でも、財政はすでに破綻寸前。
福祉も社会保障予算も、とっくに限界を超えているというのに
高齢医療費は年々10%近く
上昇し続けています (;゚Д゚)! こうした現実を目の前にしたら
官僚が思いつく手っ取り早い解決策は、役に立たない高齢者が
「どんどん死んでいってくれること!」ですよね (T_T;) 通常
口に出しては言えないことですが、本音はそういうことです。
この発言については、麻生ちゃんは「公の場で発言したことは
適当でなかったので撤回する。あくまでも個人的見解で、終末
医療のあるべき姿について言ったのではない」って弁解しまし
たけど「もう遅い!」それにしてもこういう話って、飲み屋で
おっさん同士が「チューブつけて生きてるなんて意味ないから
とっととチューブ外して死んだほうがマシだよねぇ」な~んて
仲間に同意を求め「そうだよ、生きてたって意味ないもん」と
盛り上るレベルの話。
昨年、Googleで「夫」を検索すると、最初に出てくる言葉は
「死んでほしい」だったということで、世の夫のみなさま方、
唖然として二の句が告げなかった!という話は、かなり話題に
なりましたよね。この「妻の本音」を、あるお宅のお食事会で
話題にしたとき、同席された「妻」のみなさまは、ほぼ全員が
「そんなの当たり前じゃな~い(⌒▽⌒)」と共感されました。
もちろん賢いみなさま方、こうした本音は表沙汰にしません。
公的には「素敵な方♪」として、さまざまな分野でご活躍に!
当然ながら、政治は「建前」で動いていくものです。世界とも
「こうあるべき!」という国家の建前で渡り合うものですから
本音を漏らしてはいけないのは「常識以前のお話」ですよね。
「マンガ脳」の麻生ちゃんに、常識を求めるのって酷かなぁ?
ほな、さいなら(-_-;)

ケナゲな日本人

自分たちがしっかりしないと!って…菊千代どす。    
あの3/11からまもなく2年。多くの国民は、それ以前まで、
エネルギー政策でも外交政策でも「国のやることなら、大きく
間違うことはないだろう」と、心のどこかで信じていたのでは
ないでしょうか。「何かあっても、国が何とかしてくれる!」
勝手に思い込んでいた人も (・・?けど、原発事故が起こって
「国は国民を助けてくれない!」ということがわかりました。
そのせいか「自分がしっかりしないとダメなんだ」と考える人
増えましたよね。国の原発政策によって起きてしまった事故な
ワケですから、欧米人だったら国民の権利を盾に国家に賠償や
救済を求めるのが先!と考えますが、日本人は自分の努力で、
生活を立て直そうと考えます。
「前向き」というより、考えられないくらいイジらしい (-_-;)
国民性ですよね。もっと怒って、権利を主張して当たり前!と
菊千代は思うのですが。ともあれ原発事故がこれからの暮らし
を考えるきっかけになったのは確かです。福島原発のおかげで
都会では湯水のように電気を使えましたが、事故の後は電力の
大切さも痛感し「無駄に使ったらダメ」という意識も高まり、
それまで意識したことのない発送電の分離を考えるきっかけも
生まれてきました。この春以降、廃炉問題や賠償金にかこつけ
電気代をますます上げそうだし、復興増税が所得税にかかって
25年間も増税される!
扶養控除はなくなるし、来年は消費税が8%になり、住民税も
上がるらしい (T_T;) もう、国民は踏んだり蹴ったり状態に!
今年成人になった人たちは「失われた20年」後に生まれて、
生まれてから一度も、日本が好景気だったことがないためか、
彼らは最初から「経済的豊かさは求めてもムリ!」と諦めて
いるとか…。この世代の多くは“正社員”になることは少なく
派遣、パート、アルバイトで働くのが「普通のこと」と考えて
いるといいます。普通に努力をすれば、誰でもそこそこ普通の
暮らしができるのが日本という国でしたが、小泉改革以後は、
「勝ち組と負け組」が明確になり、今やほとんどが「負け組」
状態という日本に(;_;)
努力しても経済的豊かさがムリなら、お金はなくても「幸せ」
を感じられるようなライフスタイル♪を目指そう!というのが
最近の傾向だそうで、どこまで行っても涙が出るほどケナゲな
日本人なのです。もう、ゼイタクはできなくなったけど、家族
揃って温かい鍋をつつくことの喜びとか、電気代が高いから、
家族は一緒の部屋で過ごし (^<^) さらに、レストランに行く
よりも、気の合う人たちと持ち寄りで、一つの家に集まって、
飲んだり食べしたりするといったことに「ほんわりした幸せ」
を感じているのだとか。ちょっと前なら「ビンボーくさっ」と
笑われたようなことを見直し、ふれ合うことの大切さを通して
幸せを味わうそうです。
2002年~2007年の小泉政権時代。巷では「好景気」と言われ
ていたにもかかわらず、国民にその実感はゼロだった (・・?
それは、富める者だけがさらに富み、そうでない人間は、より
下に落ちていったせい (゚Д゚)ノ それ以後、給料は下がり続け、
正社員になるのは至難のワザ!となりましたね。アベノミクス
とやらで。円安が進み、株価が上昇してはいますが、一般人に
その実感は全くありませ~ん。この感覚は格差社会を生み出し
やや狂気(-_-;)を孕んでいた小泉改革時代とデジャブします。
アベノミクスという言葉に踊らされて、テンション上がって↑
いる方々も一部においでのようではありますが、浮かれずに、
「ほんわりした幸せ」にひたれる人のほうが、健全なのかと。
ほな、さいならヽ(*´∀`)ノ

知識階級

この言葉はもはや死語となってしまい…菊千代どす。    
大島渚が亡くなりました。80歳だそうですが、惜しい人です。
菊千代世代には「知識階級」という言葉が憧れの対象でした。
そんな世代に、安保闘争や学生運動を描いた大島渚シナリオで
(石堂淑朗共作:1960年)監督の「日本の夜と霧」は多くの
支持を得た作品でした。思春期に差しかかった、ややおませな
菊千代は当時の大人たちが、この映画を話題にしていたのを、
うっすら覚えています。今ではあまり見られない光景ですが、
あの頃は、大学生などの若い人も含めた大人たちが「喫茶店」
で、一杯のコーヒーで粘りながら、熱い議論を交わす!なんて
光景がよく見られ「早く大人になりたいな…」と思ったもの。
今は、二十歳過ぎのオトナ女子も、AKBなどに見られるように
子どもっぽい見た目で「カワイイ♪」ことが評価される時代。
知性に対する憧れは、
すっかり影を潜めてしまった?ような気がしますが (;゚Д゚)!
ま、日々、低俗なバラェティ番組やお笑い番組ばかり見せられ
ていたら「水は低きに流れる」の例え通り、間違いなくバカに
なっていくのは仕方ないかも (・・? 国民はバカな方が扱い
易いですからね。国民をsex、screen、sportsに夢中にさせ、
物事を考える習慣を奪うことが戦後、米国の指示で徹底された
と聞きますが、このmission大成功だったようですね (T_T;)
その後、60年代半ばに大ブームとなる高倉健主演の「任侠物」
が大衆娯楽として支持を得たことと比較すると、当時の大島渚
たちが映画の対象としたのは「知識階級」とその予備軍であり
まさに、その層の人々への問題提議としてのみ作られた作品が
「日本の夜と霧」でした。
しかし「日本の夜と霧」は、公開4日目にして上映打ち切り!
となった問題作。松竹が監督である大島渚に無断で、自主的に
上映中止したことに猛抗議した大島は松竹を退社することに。
60年安保に反対する「安保闘争」を描いた「日本の夜と霧」は
原発反対で官邸前デモに集まる若い人に「ぜひ見てほしい」と
その後の「70年安保」を体験した「飲み仲間」は言いますけど
「権力=既得権益者」に侮蔑される人間の屈辱感を描き出した
大島渚の意図が、果たして今の若者に理解できるのか (―_―)!
「知識階級」への羨望や憧れ♪というか、言葉自体も知らない
のが大半ですから(;_;)
「知識階級」とその予備軍であり、まさに、その層の人々への
問題提議としてのみ作られた映画!そんな作品が今後生まれる
ことは皆無でしょうね…情けないことですけど、国民の多くは
目先のわかりやすい「娯楽」にしか興味関心を示さないように
すっかり「マインドコントロール」されていますから (゚Д゚)ノ
大島渚の権力に闘争的に対峙する作品は、日本国内で早くから
注目を集め「ヌーベルバーグの旗手」とも呼ばれていました。
松竹退社後、TVドキュメンタリーにも活躍の場を広げ、政治的
メッセージの込められた作品も、数々手がけていましたよね。
1976年の「愛のコリーダ」
さらに「愛の亡霊」では、国際的な評価を確固たるものに!
世界的話題を呼んだ「戦場のメリークリスマス」(1983年)
「御法度」(1999年)など、誰の記憶にも残る作品でした。
海外における知名度も高く、あのゴダール監督が日本人監督で
高く評価したのは溝口健二、小津安二郎、勅使河原宏、そして
大島渚の4人だったということでした。大島渚はまた、言論人
でもあり「朝ナマ」などにおける過激発言でも印象的でした。
映画監督といっても、さまざまな人間がいますが、思い切った
発言を装いながら、TV各局の御用コメンテータとして活躍する
「エロ」上りのなんちゃら監督とは一緒にしたくありません。
ほな、さいなら(-^〇^-)

根拠ない自信

「大丈夫!」って根拠ないでしょ…菊千代どす。
安倍シンゾーが、総理になって早1ヶ月。彼は「保守政治家」
ということですが、本来「保守政治家」といえば、自国の文化
や伝統を大切にし、国家の安全と国民の幸福な生活を守ろうと
考えるはず。でも、安倍ちゃんが自分を「保守政治家である」
と考え愛国心のカケラでも持ち合わせている!というのなら、
16万人の福島県民を故郷から追い出し、先祖代々受け継がれて
きた大自然や住まい、農地を福島の人たちから奪い去った原発
そして東電!それらの政策を当ったり前のように積極推進して
きた「自民党」の
それまでのあり方を徹底して反省するのが筋じゃないですか。
未だ把握しきれないほどの人たちが、故郷に帰ることができず
にいるのに「景気回復の大前提!」といいつつ、当然のように
「原発再稼動」だ「新増設」だ!などと口にしていますけど、
おかしいでしょ (゚Д゚)ノ 安倍ちゃんが、本当に国家が大事だと
いうのなら、まず最初に福島の人たちの問題を解決すべきでは
ありませんか?安倍ちゃんはまた、中国との関係についても、
改善の姿勢を示すどころか、尖閣諸島の領有権をめぐって異常
なまでの強硬姿勢を取り続けていることに、米国でさえ強~い
警戒感を示しています。
以前から、30年以内には、茨城県沖、首都直下、南海トラフ、
東海で巨大地震が確実に発生すると言われています。首都直下
地震では、およそ1万2千人人が亡くなり、経済的被害は100
兆円。南海トラフによる東海地震では最悪32万人が亡くなり、
経済的被害は200兆円。茨城沖のM8地震の場合は、フクイチ
4号機プールが損壊して壊滅的ダメージが日本列島を襲う!と
いった予測は、これまで何度も専門家がアピールしています。
このような現実をほとんど無視して、安倍ちゃんは好き勝手に
「日本をトリモロした」気でいるようですが、日本の近未来、
かなりヤバいようです。
それなのに「あり得ない話!」ではあるのですが、官僚たちも
自民党のセンセ方も、そんな状況シカトしています (  ̄っ ̄)
規制緩和で株価が急上昇したりして、浮かれているようです。
それにしても安倍ちゃんが自信満々で極右政治で現状を突破!
しようにも、そんな意気込みをあざ笑うかのように巨大地震と
「大津波が太平洋岸を根こそぎさらっていくことになる!」と
警鐘を鳴らす専門家は少なくありません。そうは聞いていても
「あれだけの大地震が来たんだから当分大丈夫でしょ?」など
勝手な予測で安心している人、菊千代の周辺にも相当います。
緊急事態が起っても
「自分だけは助かる」かのように、人間の多くは思い込むもの
らしいです。「まあ大丈夫」とか「いつもと同じはず」という
心理が働くというのです。この心理状態を「正常性バイアス」
といい、誰もが持っている感覚だといいます。菊千代は今まで
適当にしか知らなかった、この言葉の意味をFB友だちからの
情報で知りました。この心理は、緊急時対策を「まだ大丈夫」
と思い込んで何もしていなかったり、避難が必要にも関わらず
機会を逃して被災してしまうことなどにもあらわれます(-_-)
よく聞いた話で、
危険に遭遇した日本人の多くは「パニック」を起こさず冷静に
「対応する能力がある!」と海外で高く評価されていましたが
思考停止時、他人と同じ行動をとることで安全を確保しようと
する「多数派同調バイアス」により行動したからではないか?
ともいわれています。「多数派同調バイアス」って、日本人の
DNAに「しっかり組み込まれている」と菊千代は確信します。
多くの日本人は「みんなで渡れば怖くない」と考えますから、
目立った行動より、コトを荒立てない冷静さが評価されます。
ほな、さいなら(^0_0^)

五輪で稼ぐ(;゚Д゚)!

都市直下型が明日にも!だったのでは…菊千代どす。
3・11のことなんか、無かったことにするかのように、年明け
早々から「東京オリンピック」を実現させたいムードが煽られ
B層ご用達しの各局「ワイドショー?」などでは、この話題が
お約束のように組み込まれ、キャスターやコメンテータたちは
「日本を元気にするため、ぜひオリンピック招致を!」などと
満面の笑顔でアピールしていますけど、何か違和感が… (-_-;)
オリンピック開催に賛成する人たちは「大きな経済効果!」を
声高に言いますが、オリンピック招致したら目に見えて日本の
経済が上向きになるなんて、単なる思い込みではないですか?
説得の強力ネタとして、
「国民へのアンケート結果」というのがあって、それによると
ロンドンオリンピックの前は「賛成!」と答える人は40%台
だったのに対し、ロンドン以後は「日本のメダルラッシュ」に
湧いた国民の気持に大きな変化が起こったことで「賛成!」が
75%と、一気に上昇した!とコメンテータが話しを盛ります。
みんな賛成なら「反対したら変かな…」と考えるのが日本人。
ご存知のように、オリンピックを開催するには、国民や都民の
巨額な税金が投入されます。まさに「血税!」が湯水のように
使われちゃうワケです。百歩譲ってオリンピックを開催すれば
一時的には、多少「経済効果が期待できる」かもしれません。
けど綿密に試算
してみると、オリンピック開催で得られる収益は、招致までに
かかったさまざまな経費などを差し引くと「プラマイゼロ?」
になりそう…との見解も無視することはできません。さらに、
オリンピックの後、作ってしまった箱物類維持費のことも考え
ておかなければならないのは当然なのですが…原発作ったけど
「核廃棄物処理の事を全然考えていなかった(-_-;)」みたいな
前だけを見て物づくりする姿勢は、敗戦直後のまんまですね。
被災の後始末も進まず、仮設住宅暮らしで苦しんでいる国民が
いるというのに、税金使う優先順位を完全に間違えています。
思い返してみれば、
つい最近「南海トラフが危険な状態!とか、都市直下型地震は
いつ起きてもおかしくない」と、何度も危機を煽ってきたのも
この手の番組だったはず (@_@;) なのに、コメンテータらは
口を揃えて「ロンドンの感動をもう一度(*^^)v」だってさ!
インフラの整っていない発展途上国だったら、オリンピックの
経済効果も大きいとは思いますが、都市としても国家としても
成熟している「東京で」開催するという意義が見出せません。
また、委員さまご一行の視察費に数億円?理解に苦しみます。
オリンピックは所詮、
一都市開催ですから東京以外は部外者。そういえば1964年の
東京オリンピックの時、ブラジルを始め南米各国が東京支持に
まわってくれたと聞きます。そんな過去を考えたら、今回は、
「今後の発展応援の意味」でイスタンブールを支持するのが
国際親善というか「人の道」じゃない?と思って当然でしょ。
自国さえよかったら!という発想はそろそろ卒業したいもの。
普通の「判断力」を持った人間なら、多くの被災地の人たちが
困難な状況にあるというのに、7年後に東京でオリンピックを
開催しよう!という考えにはなれないのでは?「東北の復興」
をネタに、東京が儲けようとする根性が見え見えで卑し過ぎ!
まっ、石原慎太郎も猪瀬なんちゃらも、根性の悪さは顔に…
ほな、さいなら(-_-メ)

みんな同じ♪

慶祝!ニッポン全国お正月…菊千代どす。        
菊千代は年末から新年にかけては、繁華街には出ませんが、
最近、繁華街の一部では元旦早々大量客で賑わっているとか。
とくに、ショッピングセンターやデパ地下は、どエライ賑わい
と報道されていました (;゚Д゚) 圧巻なのは、福袋購入のため、
凍りつくほど寒い夜に、徹夜してまで並ぶみなさまの大行列!
やっとの思いでGETする福袋なワケですが、当然中身は何が
入っているかは不明 (・・?服だったらおよそのイメージなど
情報は小出しするらしいですが、趣味ではないものだったら、
どうするんでしょ(@_@。
TVで見た様子では、開店と同時にダッシュで店になだれ込み
奪い取った福袋をしっかり腕に抱え、レジに並んでいました。
競争に勝ち抜いた女子は、領土を手にした女王の表情 (^ ^)v
また、デパ地下も人気商品コーナーは押すな押すなの大混雑が
繰り広げられているといいますから、日本人はよほど人ごみが
好きか、人と同じことをしないと気が済まないんでしょうか?
「みんな持っているから」「○○ちゃんもやっているから~」
何かがほしい時、親を説得するのによく使ったセリフですが、
それなら「○○ちゃんがドロボーしたらお前もするのか?」と
よく叱られました(-_-;)
日本人は自分だけ「みんなと違う」のは困るという不安からか
平均的であることに安心感を見いだします。ネットやメールで
「共感できる人といつもつながっていたい…」そんな感覚は、
思考や行動にも大きな影響を与え、似たような考えの人とだけ
密接につながって「異質な考え」を極力排除しようとします。
話はガラリと変わりますが、地上波のTVではコメンテータの
みなさま方も、判で押したように横並びのコメントをします。
Twitterなどでは、そこそこマトモな発言をしていたとしても
コメン・テータとして出演したときは局の方針に素直に従って
低反発?路線に終始…
芸能人の場合は、義援金を集めたり、被災地の人たちを励ます
ライブや炊き出しをすることならイメージUPにつながるから
OK!なので、被災地でのlive活動に熱心な芸能人はいますが、
被災地を作る原因になった「原発」に関しては発言しません。
よっぽど勇気があるか自信があるか、もしくは正義感が強くて
「人の不幸を見て見ぬ振りができない」かのどれかでないと。
たいていは、目先のお金に転びます!まっ芸能人ですからね。
欧米では、自分の思想信条をアピールしても誰も攻めませんが
日本では、そんな発言をすると多くの場合干されちゃいます。
目立ってナンボの芸能人ですけど、反原発!何て言ったら速攻
出番がなくなっちゃいます。山本太郎さんの例でも判るように
あからさまです(`Δ´)!
ジャーナリストだって例外ではなく、原発を否定したり、小沢
事件を「あれは冤罪事件!」といった、ごく当たり前の発言を
することによって、レギュラー番組を降板させられてしまった
まともなジャーナリスト、かなりいますよね。鳥越俊太郎氏、
上杉隆氏、岩上安身氏、小沢遼子氏などは典型パターンです。
一方、なんちゃって過激風で攻撃的姿勢を演出しているだけの
田原総一朗のような都合のいいジャーナリストは、ちゃっかり
レギュラー番組を持っていたりします (゚Д゚)ノ 1日でも早く、
有名になりたいジャーナリスト志望の若い人たちが、田原など
「お手本」にしないよう、願わずにはいられない菊千代どす。
ほな、さいなら(o・・o)/
プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
7257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1907位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。