スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス婚

カッコよくないとNG、菊千代どす。
ここ数年、「入籍はしないでカップルになる♪」みなさまが、
少しずつ増えてきている(・・? 一昔前は「同棲」というのは、
どこか後ろめたい印象が否めなかったものでしたが、最近でも
一般日本人には、それほど好ましい形態とは認知されていない
ように感じます。菊千代は、コト「結婚」に関しては、親世代
の影響を色濃く受けている傾向がありまして「同棲⇒内縁…」
というと、夜のお仕事をしている女性と、道ならぬ関係になっ
てしまったケースをおおむねイメージしてしまいます。また、
ワケあって「不倫の関係」にある男女が、不倫相手を無理やり
引っ張り込んで、
「別宅」を構えるというケースなども思い描いてしまいます。
一夫一婦システムは、まだまだ強固に多くの人の意識に定着し
ているのではないでしょうか。昔から、インテリな男女同士で
は、戸籍制度に反対するなどの意味もあって、結婚という形態
をあえて取らない!というカップルもありましたが、菊千代は
確かな意識を持っている、そのようなケースなら認めます♪。
かつて菊千代は、サルトルとボーヴォワールの関係に憧れ、
賢くて、超魅力的な♪、バリバリ系Careerwomanになって、
超インテリでカッコいい男子と「一緒に暮らしたい」と、考え
たこともありましたが、アタマがそれほどよくはない(-_-;)
というわけで、
菊千代が、ボーヴォワールになる願いは、夢のまま終わって
しまったのでした。菊千代の考えでは、ある種「反社会的?」
なことにチャレンジするのなら、そこそこ「社会的に評価され
るlevelの人間になっていなくては、カッコつかないでしょ」
という思い込みがありました。でないと単に「だらしない関
係に過ぎない!」と世間さまに見られそうな気もしました。
仏新大統領は、
いわゆる「事実婚」。パートナーのバレリー・トリルベレール
さん(47)が今、大注目されています。正式な結婚をしていな
い相手が“ファーストレディー”になるのは第五共和制下では
初めて(^^♪。彼女は、ジャーナリストの仕事も続け、大統領
をサポートしていく考えといいます。カッコ良過ぎ!ですね。
まさに、菊千代が「理想」としていた、カップルのスタイル。
菊千代は若い頃、いつかソルボンヌ大学に留学して…などと、
「妄想」でしかない夢を描いて、フランス語をお勉強したこと
もありましたが、基本的に努力が苦手なDNAが災いしてか…
ほな、さいなら(^O^)/
スポンサーサイト

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【フランス婚】

カッコよくないとNG、菊千代どす。ここ数年、「入籍はしないでカップルになる♪」みなさまが、少しずつ増えてきている(・・? 一昔前は「同棲」というのは、どこか後ろめたい印象が否

コメント

非公開コメント

賛成で~す

サルトルとボーヴォワールの関係菊千代さんが憧れるのは判りますね。
フランス人は個人でみるとアメリカ人より付き合いにくいかもしれませんが、フランスの考えはいいと思いますね、やはり個人の考えを優先する、自由が何かが判っている。サルコジは怪しげでした。
パリのオープンカフェでお茶しながら道行く人を見るのはいいなぁ、でも物価が高そうなので。

No title

私も若い頃サルトルとボーボアールの実存主義に傾倒し、工学部なのにフランス語を選択し、教授からみっちり仕込まれましたが、もうほとんど忘れてしまいました。結婚して子育てするうちにボーボアールの間違いがはっきり判りました。それでボーボアールとは決別しました。 もうサルトルにも興味がおへん。
若かったんでんな。
サルより虎ダッセ! 応援気を抜かんといてや。

こんにちは~

こんにちは~
今日のテーマ、とっても興味深く拝見しました。
実は、ヨーロッパでは、結婚も事実婚も同じ権利を与えられているんですね。つまり、結婚と言う形を取っても取らなくても、社会的にも法律的にもほぼ同じという事なんです。なので、まず、「あなた方は結婚式を挙げて入籍していますか?」などという質問は皆無。同席する女性を紹介するときには、妻です、とか、生活を共にしていると言う表現も使い、いずれもパートナーとして解釈されます。
その辺も、日本との「自由の質の差」です。周りが皆そうだと「世間の目」に縛られる事もなく開放されます。その代わり、そういう形を取っている方達は、必死なんですよ。何故なら本当の意味で愛を育まなければ、終わりな関係ですから・・・。違うのは唯一、結婚してしまうと、離婚後の相手方への責任があまりにも大きく、その辺も、結婚と言う形を取らない理由のひとつだと思います。子供がいれば、殆どが結婚と言う形を取っているようです。

Re: 賛成で~す

> サルトルとボーヴォワールの関係菊千代さんが憧れるのは判りますね。
> フランス人は個人でみるとアメリカ人より付き合いにくいかもしれませんが、フランスの考えはいいと思いますね、やはり個人の考えを優先する、自由が何かが判っている。サルコジは怪しげでした。
> パリのオープンカフェでお茶しながら道行く人を見るのはいいなぁ、でも物価が高そうなので。

晴彩さん、分かっていただいて嬉しゅうございます(^<^)。
私たち世代の、男の云うなりの人生なんかゼッタイ嫌!と考える「ちょっと生意気な」女子は、
青の二人の関係に憧れたものでした。実際は、そてほど対等でなかった!らしいともいわれ、
事実は、分かりませんが(・・?。ホセさんが来日?したら、そんなお話もしたいですね(^O^)/。

Re: No title

> 私も若い頃サルトルとボーボアールの実存主義に傾倒し、工学部なのにフランス語を選択し、教授からみっちり仕込まれましたが、もうほとんど忘れてしまいました。結婚して子育てするうちにボーボアールの間違いがはっきり判りました。それでボーボアールとは決別しました。 もうサルトルにも興味がおへん。> 若かったんでんな。
> サルより虎ダッセ! 応援気を抜かんといてや。

benefordさん、おっしゃる通り、サルより虎が気がかりな今日この頃どすなぁ(;一_一)。
そうだったんどすか工学部!benefordさん、理数系どしたか、アタマいいはずでございます。
菊千代は、美大でしたので、自分の好きなことには熱心でしたが、学ぶべきことについては…
でも、サルトルとボーヴォアールに惹かれた時代があったなんて(^.^)。虎意外にも、過去と
は云え共通の関心ごとがあったというのは、ホンマ嬉しゅうおす。ほな、気合入れて応援を!!

Re: こんにちは~

> こんにちは~
> 今日のテーマ、とっても興味深く拝見しました。
> 実は、ヨーロッパでは、結婚も事実婚も同じ権利を与えられているんですね。つまり、結婚と言う形を取っても取らなくても、社会的にも法律的にもほぼ同じという事なんです。なので、まず、「あなた方は結婚式を挙げて入籍していますか?」などという質問は皆無。同席する女性を紹介するときには、妻です、とか、生活を共にしていると言う表現も使い、いずれもパートナーとして解釈されます。
> その辺も、日本との「自由の質の差」です。周りが皆そうだと「世間の目」に縛られる事もなく開放されます。その代わり、そういう形を取っている方達は、必死なんですよ。何故なら本当の意味で愛を育まなければ、終わりな関係ですから・・・。違うのは唯一、結婚してしまうと、離婚後の相手方への責任があまりにも大きく、その辺も、結婚と言う形を取らない理由のひとつだと思います。子供がいれば、殆どが結婚と言う形を取っているようです。

日本との「自由の質の差」、考えさせられる言葉です。Hannnaさんからはいつも、「へぇ~そうなんだ!」という、「現場」からの生の声を聞くかせていただき感謝しております(^^♪日本人は「自由」について、真剣に考えるべき年代に、受験勉強ばかりさせられて、自分なりの価値観を構築することをなおざりにするのが習慣化しています。国の決めた制度には、何の疑問も違和感も持たず、はいはい(^.^)という感じで、素直に受け入れてしまします。もう少し自分の考えを持ってほしいですね。政治をもっと良くするためにも!ほな、さいなら(^O^)/

離婚が面倒だから

結婚しないという考え方が一般化しているような気がします英国でも。
日本と違って協議離婚は認められず、必ず弁護士を通して交渉、家庭裁判所の判断を仰いで特に弱い立場の当事者を守るために法制度が改正されて来ていますので・・・
離婚が法的に成立しても
ファイナンシャル・セトルメントはまた別の話で。
通常、家財や子どもの養育コスト等をすべて考慮して
慰謝料や養育費が制定され、離婚後の別居に備えるのですが
猫婆の場合は待てなくて
とにかくまず離婚を成立させたのが去年の5月。
ファイナンシャル・セトルメントの裁判所公聴会は来る8月に予定されていまして、その前に必要書類を揃えて提出しなければいけないという締切が今月末。でもんで過去1年間の銀行口座明細書をプリントアウトして弁護士まで送付したりする作業中でおます☆

Re: 離婚が面倒だから

> 結婚しないという考え方が一般化しているような気がします英国でも。
> 日本と違って協議離婚は認められず、必ず弁護士を通して交渉、家庭裁判所の判断を仰いで特に弱い立場の当事者を守るために法制度が改正されて来ていますので・・・
> 離婚が法的に成立しても
> ファイナンシャル・セトルメントはまた別の話で。
> 通常、家財や子どもの養育コスト等をすべて考慮して
> 慰謝料や養育費が制定され、離婚後の別居に備えるのですが
> 猫婆の場合は待てなくて
> とにかくまず離婚を成立させたのが去年の5月。
> ファイナンシャル・セトルメントの裁判所公聴会は来る8月に予定されていまして、その前に必要書類を揃えて提出しなければいけないという締切が今月末。でもんで過去1年間の銀行口座明細書をプリントアウトして弁護士まで送付したりする作業中でおます☆

nekobabaaさん、ご無沙汰どした。ご多忙だったのでしょうか?久々に、歯切れのいいコメントを、ありがとうございます。そもそも、結婚という制度が現実に合わなくなってきているんでしょうかね。nekobabaaさんは、離婚から一周年!お疲れさまでございました♪。それにしても、いろいろ面倒なあとしまつがあるんどすなぁ。
英国では、家庭裁判所の判断を仰いで特に弱い立場の当事者を守るために法制度が改正されて来ている、とのこと。日本も、結婚に関する法制度を整備しなくてはならなくなってきていますよね。ほな、さいなら(^O^)/


時々、飴風呂より遠征しとりますよ~。毎回、歯切れよい文章、惚れとります
事実婚に私も憧れたくちでした。でも、相手の親御さんに世間体が悪いと言われて…最終的には、その方とはご縁がなかったのですが。(笑)

晴れて独りになり、週末婚を経験してみたら…
いつも新鮮でよかったです。が、が…の続きは機会あれば…と言うことで。ほな、さいなら♪

Re: タイトルなし

> 時々、飴風呂より遠征しとりますよ~。毎回、歯切れよい文章、惚れとります
> 事実婚に私も憧れたくちでした。でも、相手の親御さんに世間体が悪いと言われて…最終的には、その方とはご縁がなかったのですが。(笑)
>
> 晴れて独りになり、週末婚を経験してみたら…
> いつも新鮮でよかったです。が、が…の続きは機会あれば…と言うことで。ほな、さいなら♪

もんちゃん、こんにちは(^<^)。飴風呂は、ほぼ放置状態なので、お名前を伺ってもなかなかおもいだせません。ごめんなさい(-_-;)。時代が変わっても、男女の婚姻形態には変化の無い日本。が…の続きを施肥、お聞かせくださいませ。それと、もんちゃん で検索できますか?教えてくださいませ。ほな、さいなら(^O^)/
プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
6019位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1546位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。