スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカが好き

アメリカを愛さずにいられなかった?菊千代どす。
日本人は敗戦後、徐々に「アメリカ化」させられて来ました。
周辺のおっちゃんたちは、まだ日本が「三丁目の夕日」のよう
に貧しかった時代、アメリカから大量に入ってくる「文化」に
たちまち魅せられ夢中になって「アメリカは素晴しい!」と、
何の疑問も抱かず、ど~っぷりハマっていったそうです(-.-)。
日本ではまだ、ケーキなんて特別な日だけにしか食べられない
ものだったのに、
アメリカのホームドラマでは、クッキーやパイなんかを、ごく
日常的に子どもたちが食べているし、エルビス・プレスリーが
出てくるようなハリウッド映画では、夢のようにgorgeousな
アメ車(当然か?)を、若者が「デート♪」なんぞに使ってる!
こんなのを観ていたら「自分もいつかアメリカ人みたいに♪」
な~んて、思ったとしても「バ~カ!」とは云えないでしょ。
人間、基本は単純ですから(^_^;)、アメリカのいいトコだけ
これでもか!って見せつけられたら、嫌いになるのは難しい!!
そんな風にして、
1990年代くらいまでアメリカは日本人を、政治的だけでなく
文化的にもマインドコントロールしてきたワケです。菊千代の
若い頃♪優秀な学生さんは「フルブライト奨学金」でアメリカ
留学させてもらうことができました(^_^)。なにしろそういう
方々は、お勉強的には、超優秀で「未来のelite候補生」でし
たから、アメリカで教育されて帰国する頃には、将来がお約束
された別格の存在に(^^)v。彼らは留学中、全面的にアメリカ
の意思に従って、アメリカ優先の考え方をするよう洗脳(-_-)
されるのですが、もちろん、彼らの言動にはCIAがしっかり
目を光らせていました。
そんな彼らはやがて、日本政財界やマスコミなどで重要なポス
トにつきバリバリ活躍し始めます。当然、彼らは全面的にアメ
リカの意思を最重要視し、日本人であるにもかかわらず国民の
血税で当たり前のようにアメリカの国債を「円高対策のため」
と称し何兆円も購入しちゃいます。オウムやオセロのように、
洗脳って、それで一端いい思いをすると解けにくいらしい…。
アメリカは日本の優秀な頭脳を
そうして自国の利益に貢献するよう「教育」してきたのです。
でも、最近アメリカも行き詰ってきたようて、国内でも、世界
でもかつてのように「君臨する」ことが難しくなってきた?
お人好しの日本人だって、そろそろ「アメリカのやってること
ってなんかおかしくない?」と気付き始めてきたのはやはり、
NETが発達したおかげですが、危険を察知したアメリカは、
官僚と政治家を使って、NETの規制に乗り出してきました。
日本ではまだ、ネットの力が政府を倒すまでに至っていません
けど…日本に「アラブの春」を、期待するのは無理なのかな?
ほな、さいなら(^O^)/
スポンサーサイト

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アメリカ好き】

アメリカを愛さずにいられなかった?菊千代どす。日本人は敗戦後、徐々に「アメリカ化」させられて来ました。周辺のおっちゃんたちは、まだ日本が「三丁目の夕日」のように貧しかっ...

コメント

非公開コメント

若い人はご存じないことですが

敗戦直後
焼け野原の日本に進駐軍がやってきて
飢餓状態の子ども達にチョコレートを配ったのです
日本の子ども達は米兵についてまわりました
美味しいものをくれる
新型爆弾で大日本帝国軍を降参させた
凄い国アメリカからの兵士達
彼らの服装から立ち居振る舞いから食べ物から
すべてが羨望の的だったのです

こんにちは

私も一時はアメリカに憧れたか僻んだか、という事でした。
でも、メーカーで仕事をすると直ぐにアメリカの傲慢さが判りました。未だにインチはオンスですからね。これは非関税障壁ですよね。
独自路線での開発をして、アメリカメーカーを追い越しました、それだけは自慢(笑)

Re: 若い人はご存じないことですが

> 敗戦直後
> 焼け野原の日本に進駐軍がやってきて
> 飢餓状態の子ども達にチョコレートを配ったのです
> 日本の子ども達は米兵についてまわりました
> 美味しいものをくれる
> 新型爆弾で大日本帝国軍を降参させた
> 凄い国アメリカからの兵士達
> 彼らの服装から立ち居振る舞いから食べ物から
> すべてが羨望の的だったのです

こんにちはnekobabaaさん(^.^)。
コメントありがとうございます。お元気そうでなによりです。
アメリカ兵に「ギブミー、チョコレート!」と、子どもたちが、
まとわりついている話は、親からも聞きましたし、映像でも
何度か見たことがあります。あの頃アメリカ人は「ジャップ」
と日本人を別称で呼んでいたんですよね。
当時の卑屈でいて憧れる気持ち、わからなくはありません。
アメリカ人個人は、いい人が多いですけど、国家としては…。
若い頃、文化的に憧れたこともありましたが、今は(;一_一)。
ほな、さいなら(^O^)/

Re: こんにちは

> 私も一時はアメリカに憧れたか僻んだか、という事でした。
> でも、メーカーで仕事をすると直ぐにアメリカの傲慢さが判りました。未だにインチはオンスですからね。これは非関税障壁ですよね。
> 独自路線での開発をして、アメリカメーカーを追い越しました、それだけは自慢(笑)

晴彩さんって、穏やかそうに見えてスゴイ方なんですね(^^)v。
技術力で、憎っくきアメリカをやっつけるなんて!やったー!
先日、「ウイスキー3杯はイケる!」とのお話でしたよね。
また、ぜひトムてで、ご一緒いたしましょう(^.^)
ほな、さいなら(^O^)/

No title

私が小学生の頃、U.S.I,S(United States Information Service)提供のDisnyなどの映画を学校から全員で宝塚大劇場に見に行くのを楽しみにしていました。その後劇場に残って歌劇を見ても良かったのです。
後になってU.S.I,SがCIAの文化情報局である事が判りました。アメリカ文化を日本に広める事を目的にしていたのです。
テレビドラマでは強いパパと美しいママが出てくるホームドラマが沢山有り、自家用車、電気冷蔵庫等のアメリカ文化に憧れていたものです。
フルブライト留学生は殆どがアメリカを国内から支援する者ばかりでしたが、小田実の様な反骨精神に富んだ人もいたのですよ。

Re: No title

> 私が小学生の頃、U.S.I,S(United States Information Service)提供のDisnyなどの映画を学校から全員で宝塚大劇場に見に行くのを楽しみにしていました。その後劇場に残って歌劇を見ても良かったのです。
> 後になってU.S.I,SがCIAの文化情報局である事が判りました。アメリカ文化を日本に広める事を目的にしていたのです。
> テレビドラマでは強いパパと美しいママが出てくるホームドラマが沢山有り、自家用車、電気冷蔵庫等のアメリカ文化に憧れていたものです。
> フルブライト留学生は殆どがアメリカを国内から支援する者ばかりでしたが、小田実の様な反骨精神に富んだ人もいたのですよ。

benerordさん、こんにちは(^<^)宝塚大劇場で映画を観る!何てゴージャスな小学生なんでしょう。菊千代も小学生の頃、JR中央線お隣の駅・阿佐ヶ谷にあった「オデオン座」という洋画の専門官で、学校推薦の映画を授業として観に行きました。昔は、何につけ「集団行動」が当たり前でしたね。「名犬ラッシー」や「パパは何でも知っている」は、うっすら覚えています。そう、小田実!私の住む荻窪に住んでいて、よく駅前の喫茶店で原稿書いていたのをチラ見していました。で「ベ平連」に参加したことも(^^)。懐かしい思い出どす。ほな、さいなら(^O^)/

プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
7492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1878位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。