スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女姓婚率UP♪

女姓婚(姓名の姓ですよ~ん)菊千代どす。
これまで、結婚した男女の大半は、まるで当ったり前のように
夫の姓を名乗ってきましたが、最近は「妻の姓」を選ぶ夫婦が
増えてきたといいます(^_^)v元々、どちらの姓を名のるかは
婚姻届の【妻の姓】か【夫の姓】の欄にチェックを入れるだけ
という簡単なもの♪妻の姓を名乗るには「養子縁組」のように
難しい手続きが必要 (・・? と思い込んでいた人も多いみたい
ですから「ホントは違う」と初めて知ったみなさまも、多い?
そもそも一昔前まで
妻の姓を名乗る=養子になった!と考える人が多数派でした。
女姓婚の背景には、プロのキャリアにとって改姓は“不都合”
などから、改姓を望まない女性の増加や、大黒柱として一家を
養う役割にプレッシャーを感じたり、自分の姓が変わることに
こだわりを持たない「草食系男子」の増加があるともされます。
そのような結婚は最近「女姓婚♪」と呼ばれ、本来、どちらでも
姓を選べることに、改めて気付かされ「慣例」に縛られなくても
全然OKなんだ(^_^)v
ということが広まってきたのは女子にとっては「いいこと♪」
と菊千代は思います(^^♪日本では、だいぶ前から夫婦別姓の
法制化が取り上げられては、いつの間にか引込められるという
変遷を辿ってきましたが、今でも頑固に「結婚したら夫の姓」
を名のるのが「オンナの幸せ」と信じ込んでいるみなさまも…。
日本国憲法では「夫婦は同姓!」と定めていますが、そんなこと
決めたって、現実の方が、とっくに法律を追い越しています。
職場やビジネス上では「旧姓」で通すのが、ごく当たり前に!
「家族の一体感が崩れる」と主張する人は、ほぼ男尊女卑志向?
男子の草食化からか、
「女性の意志を尊重し、自分よりも才能や生活力がある」なら
サポートする側に回って「家庭を守る!」という、主夫志向の
男子も「ビックリするほど珍しくなくなってきたよね(^_^)」
そんな話題も飲み屋の会話でよく耳にするようになりました。
でも、菊千代の友人は息子から「結婚したら妻の家に入る…」
と打ち明けられた時は「脱力したよ…」と複雑な顔でしたね。
彼女は「一人息子が結婚したら、ヨメと仲良し友だちに♪」
と希望していましたから、こだわりはなかった!とはいっても
アテが外れた(@_@;)
仲良しのおっさんから聞いた話では、定年を数年後に控えて、
奥さんに「退職金で1カ月間のクルーズに行こう」と持ちかけ
たところ「冗談でしょ!1ヶ月もあなたと二人っきり何て…」
と、あっさり却下されてしまったそうな。おっさんは、きっと
奥さんに大喜びされる♪と思ったらしいのですが、奥さんには
「毎日家に居られると考えただけで具合悪くなる…」と言われ
退職後は「パート」として会社に残ることにしたといいます。
そして、退職祝の旅行は「2泊3日で近場温泉」に決定とか…
ちなみに、このおっさん、大恋愛の末結婚したらしいです。
半年ほど前?
情報番組などの中で紹介され、話題になった話がありました。
それはGoogleで「夫」と検索すると最初に「死んでほしい…」
と出てくること(;一_一)この話を周囲の中高年男子に話すと
「それってウケ狙いでしょ?」などと笑われたものでしたが、
検索してみると「ホントの話」と判明し、みなさま意気消沈。
菊千代の周辺には、プロとしてキャリアを積んだ女性が多く、
離婚歴も「数回!」というツワモノも、少なくはありません。
みなさん、飲むと「まだ、運命の人に会ってないからね~」
と、あくまでも前向き!本日は、酔いが回って支離滅裂かな。
ほな、さいなら(^O^)/ 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お父さんは大変!

こんにちは、
お父さんたちは、皆、給料運び人としての使命を果たして定年後はなるべく早く天命を全うしてほしいと願われながら毎日頑張っています。  わたしの知り合いのお父さんが言ってましたが、いくら家計が苦しくても、奥様は、決してお父さんにかけた多額の保険金の額は下げずに頑張って切り詰めている、とのことです(-_-メ)
夫婦の名前ですが、私も旧姓で仕事してますが、どこでどの名前を使ったかわからなくなってちょっと不便ですね。
でも、私としては、自分の中に脈々と息づく血の歴史を感じていたいので旧姓を使って抵抗しています。 結婚して、妊娠した時、病院の待合室で、新しい姓で呼ばれた時、自分の名前だと気がつかなくてずっと待っていた事がありましたが、マタニティーブルーもあったのか、ある日突然名前を変えられる事不条理に悲しくなったな、と思いだしました。

No title

女姓婚を発案した 伊達です。
ブログを拝見し、お礼を・・・と思い メッセージしました。

応援して下さってありがとうございます

Re: No title

> 女姓婚を発案した 伊達です。
> ブログを拝見し、お礼を・・・と思い メッセージしました。
>
> 応援して下さってありがとうございます


伊達蝶江子さま
はじめまして、メールありがとうございます。
「女姓婚」の発案をなさったんですか!すばらしい♪
もしブログやFBされていたら、ぜひ教えてください。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。
プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
9198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2392位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。