スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲惨な2050年

世界で最も悲惨な2050年迎える国は…菊千代どす。
9月21・28日号「週刊ポスト」に驚くべき!記事かあって、
ショック(;一_一)を受けたのは、菊千代だけでないのでは?
元ネタは、イギリス経済誌『エコノミスト』編集部がまとめた
『2050年の世界』(文藝春秋刊)。発売1か月で4万部超えの
ベストセラーです。
その中で、世界で最も悲惨な2050年迎える国は日本だと指摘
されているといいます。この『エコノミスト』誌の調査予測と
いえば、1962年の「驚くべき日本(Consider Japan)という
特集が知られている」と紹介されています。この論文の中では
日本が世界第2位の経済大国に成長していくSuccessstoryを
ピタリと“予言”したことで当時、話題をさらったのだとか。
で、今、予測される日本の将来像は、その時代とは真逆の暗澹
たるもので、何となく予想できるだけに、恐ろしくなります。
2050年の世界を
のぞいてみると、昨年10月に70億を超えた地球全体の人口は
2050年には90億人を突破!情報通信技術の進歩などで人々の
経済的結びつきは強くなって教育水準は向上し、国家間の貧富
の差は縮まると予測されているので、この点だけは◎ですね。
そして、世界は収束化が進み、平均寿命が70歳以上で家庭に 
子供は2人、というのが、ほぼ万国共通の標準になるらしい?
宗教も、原理主義的な勢力は減って、無宗教の割合が増える。
これはいいこと(^^♪
一神教は十字軍の時代から争いと収奪、殺戮の歴史ですから。
つまり、国家や宗教の壁は次第に低くなり、世界の人々の暮し
や考え方は平均化されていくと予測されています。これにより
発展途上国は豊かになりますが、先進国は相対的に地位を低下
させ、国民生活の質は停滞か、または後退することになる…。
そんな中でも、世界で最も悲惨な2050年を迎えてしまうのが
「超々高齢化社会」に苦しむ日本である!だって~(;一_一)
2050年辺り日本では、被扶養者数と労働年齢の成人数が肩を
並べるとか(-_-)
過去を振り返っても、このような状況に直面した社会は存在
しないといいます。一般に国家の経済活動は、労働人口の割合
の大きさに比例するとされます。日本は70年代後半から80
年代にかけて、団塊の世代が働き盛りを迎えJapan1 as No1
と呼ばれる経済繁栄の時代に突入!「そのような人口構成上の
メリットを同書では「人口の配当」と呼びます。しかし、かつ
ての黄金世代が引退年齢を迎えると、配当は負債に変わるので
今後40年の間に、
「このような世代交代は、大きな経済的影響を及ぼすだろう。
海外から原材料を輸入して、加工・製造して海外に売るという
商売が成り立たなくなるので、海外からお金が入ってこない。
生活の水準はどんどん下がっていき、一部の既得権益層だけが
豊かで、圧倒的多数の庶民は貧しくなるという、まるで現在の
北朝鮮のような社会になるかも知れない…」と、経済評論家の 
森永卓郎は予測(-_-)しています。40年後だったら菊千代は
あちらの世界に行っているから (・・?よろしいのですが…、
深く考え過ぎると、お酒がまずくなるので、止めときますね。
ほな、さいなら(^O^)/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

原題は"Megachange -the world in 2050"

ですネ♪
3月にカリフォルニアで発表された編集者ダニエル・フランクリンのスライドショウが公開されてます:
http://www.economist.com/blogs/babbage/2012/06/futurology
いつも通りThe Economistの取材は鋭くて、欧州ではフランスの人口がドイツを上回る予想となっています。この背景として、フランスの社会主義政府による高学歴の女性が出産できる環境を整えて来た政策の成果が挙げられます。EUの中でユニークな展開を続けるフランス、ドイツを超える経済大国としてユーロ圏の牽引役を担うことができるのか注目です。

Re: 原題は"Megachange -the world in 2050"

> ですネ♪
> 3月にカリフォルニアで発表された編集者ダニエル・フランクリンのスライドショウが公開されてます:
> http://www.economist.com/blogs/babbage/2012/06/futurology
> いつも通りThe Economistの取材は鋭くて、欧州ではフランスの人口がドイツを上回る予想となっています。この背景として、フランスの社会主義政府による高学歴の女性が出産できる環境を整えて来た政策の成果が挙げられます。EUの中でユニークな展開を続けるフランス、ドイツを超える経済大国としてユーロ圏の牽引役を担うことができるのか注目です。

フランス婚。日本では「入籍」しないカップルをそのように呼びます。でも、フランスと違って、生まれてくる子どもには歴然とした「差別」があります。ところで、残念なことに日本ではすでに、一人当たりGDPで中国とそれほどの差はなく、アメリカや韓国の半分程度と、もはや先進国とは言えないレベル。2050年、日本は平均年齢52.3歳という前代未聞の老人国家となっているといいます。考えたくないことですが(-_-)

プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
7257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1907位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。