スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒が安心

VUITTON のバッグを持ちたい女子 (+_+) 菊千代どす。
バブル頃から、繁華街を歩くと、百貨店の袋よりVUITTON
Bagを持って歩いている女子と、すれ違うことが多いような?
最近は、中国都市部でもこうした傾向が見られるといいます。
VUITTON に象徴されるように、日本人は何でも横並び好き。
どうしてそんなに「みんなが持っている」ものがほしいのか?
中には「食費を削ってでもVUITTONを買う」女子もいます。
みんなと同じでなきゃ!という恐怖感は、モノだけではなく、
「みんなが美味しいという店」や「みんながやってる趣味」に
まで及びます(>_<)
「みんなが…」それは当然「政治的」にも反映されています。
「みんながそう考えています!」そう言われると、何の疑いも
なく「だったら自分も!」みたいな気分になってしまいます。
世論調査が「世論誘導」と云われる意味がよ~くわかります。
日本人は、熱しやすく、冷めやすくて、同じモノが大好き♪
菊千代がブログを通して親しくなった方は、何人かいますが、
中には、地方や海外に暮らしている♪日本の方もおられます。
オーストリアのウイーンに暮しているhannaさんは、海外で
生活している方ならではの日本の政治や文化への視点があり
ハッとさせられることも少なくありません。(linkしています)
ウイーンは「音楽の都」という印象がありますが、国連都市で
あると共に、
永世中立国で、社会主義寄りにあることが「この国の平衡を保
っているように思われる」と、彼女はいいますが、最近は資本
主義的傾向が強くなって、伝統的な街の様子が大きく変わって
きたとも。コーヒーとケーキが歴史の街に、スターバックスが
堂々とオープンし、チェコやハンガリー方面から移動してくる
観光客が「ブランド物の紙袋」をどっさり持ってやって来る!
こんな状態は、15年ほど前のウイーンでは想像だにしなかった
光景だそうです。菊千代は、パリやローマ、ウイーンなどへの
アメリカのファストフード店出店を、超不快に思っています。
ハンバーガーやチキンなど野蛮な食品は自国だけで消費しろ!
といいたいです。
資本主義がもたらす結果は、あまりにも悲惨過ぎる!と彼女は
いいます。かつて、東欧圏の人々がウイーンに買い物ツァーで
やって来た頃、物資不足のせいもあって、彼らはウイーンの人
たちの使い古した電気製品なども喜んで持って帰り、ウイーン
の人たちは、ごく日常的に物価の安い東欧で日常品を買うため
国境を越え、農家さんたち手作りのサラミやチーズ、手編みの
テーブルクロスや、刺繍のブラウスなど、素朴で温かいものを
好んで買っていましたが。現在では、そうした流通は少なく、
「金儲けのためなら全て許される!」という究極の資本主義=
新自由主義の影響が、周辺国にも忍び寄っているといいます。
究極の資本主義国
日本からやって来たヒトたちは、やや羨望の目で見られていた
のと同時に「経済ばかり重視される国…」として反感を持たれ
ていたことも確か!その究極の「経済の国である日本」が今や
追い詰められてしまった惨状を、彼らはどうみているのか…?
「弱肉強食!」で、強いものだけが勝ち残る!資本主義経済が
もたらす不幸を「日本人もそろそろ気づいたほうがいい!」と
彼女は訴えています。一部の人々の都合のいいように解釈され
争いと略奪の原因になってきた宗教と同様、民主主義も一部の
人たちの利益のために、巧く操作されてきたのは歴史的事実!
「民主主義」という言葉の醸す「幻想」に目覚めなくちゃ♪
ほな、さいなら(^O^)/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは

民主主義=資本主義でもありませんし、社会主義=共産主義ではないですね。経済としての資本主義対共産主義ですね。統治としての社会主義対民主主義ですね、民主主義の対語は全体主義かもしれませんが。
共産主義のソ連は破綻しました、働いても働かなくても実入りが同じなら誰も働かなくなりますね。地球が一つの共産主義ならそれでもいいでしょうが、そうでなければ競争原理が働く国家が勝ちますね。
戦後の日本は最も成功した社会主義とも言われましたね、中国も社会主義市場経済とか言ってます、でも統治が社会主義で生きる術は競争原理ではそれは封建国家でしょう。
果たしてどれがいいのか。。??

No title

菊千代さん、参上いたしました^^
そうなんです。欧州の頑固さをもっても、目先の美味しそうなものや流行に若者達は勝てないのです。小さなお子さんからマック大好きで育つ時代がやって来てしまいました。嘗て、おしゃぶりさえ顎を鍛える為か?と思われるほど固かったのに、軟らかい物ばかり食べさせられれば結果、歯医者が儲かると言う・・・。救われるのは、コーヒーの歴史の街で、誰がアメリカのコーヒーショップに入るか?と言うプライドをもった若者達もいると言う事です。お膳立てされた道を疑問も持たずに何でも受け入れているのが大多数の日本国民。自分の首を絞めているも同然なのに・・・。
何でもそうですが、主義主張が究極へと行き過ぎてしまうと悲劇だと思うのです。バランスが大切です。

Re: こんばんは

> 民主主義=資本主義でもありませんし、社会主義=共産主義ではないですね。経済としての資本主義対共産主義ですね。統治としての社会主義対民主主義ですね、民主主義の対語は全体主義かもしれませんが。
> 共産主義のソ連は破綻しました、働いても働かなくても実入りが同じなら誰も働かなくなりますね。地球が一つの共産主義ならそれでもいいでしょうが、そうでなければ競争原理が働く国家が勝ちますね。
> 戦後の日本は最も成功した社会主義とも言われましたね、中国も社会主義市場経済とか言ってます、でも統治が社会主義で生きる術は競争原理ではそれは封建国家でしょう。
> 果たしてどれがいいのか。。??

はれさいさん、私は、社会主義寄りの資本主義がいいと思います。小泉、竹中が導入した、究極の資本主義である新自由主義は、日本をまたたく間に格差社会にしてしまいました。TPPが導入されたら、この格差はさらにひどくなります。アメリカのように弱肉強食が徹底された国では、がむしゃらに働かなくても「ごく普通に働いて、楽しく穏やかな人生を送りたい」という、ごく普通の考えが通用しなくなります。何よりイヤなのは、アメリカのような国になることです。ほな、さいなら(^O^)/

Re: No title

> 菊千代さん、参上いたしました^^
> そうなんです。欧州の頑固さをもっても、目先の美味しそうなものや流行に若者達は勝てないのです。小さなお子さんからマック大好きで育つ時代がやって来てしまいました。嘗て、おしゃぶりさえ顎を鍛える為か?と思われるほど固かったのに、軟らかい物ばかり食べさせられれば結果、歯医者が儲かると言う・・・。救われるのは、コーヒーの歴史の街で、誰がアメリカのコーヒーショップに入るか?と言うプライドをもった若者達もいると言う事です。お膳立てされた道を疑問も持たずに何でも受け入れているのが大多数の日本国民。自分の首を絞めているも同然なのに・・・。
> 何でもそうですが、主義主張が究極へと行き過ぎてしまうと悲劇だと思うのです。バランスが大切です。

Hannaさん、おはようございます(^^♪「知恵ある大人」がどんなにかたくなに、伝統の素晴しさを守ろうとしても、人間はどうしても目新しいもの、手軽なものを好み、低きに流れる習性があるようですね。手軽さを求めたから科学がこんなに発達したのではありますが…(+_+) でも、オーストリアの人たちにマックが広がってしまった背景には、国民の健康より、利益を優先する政治家がいたことは確かですよね。プライドを持った若い人たちには、ぜひ伝統のライフスタイルを守ってほしいです。長いものに巻かれるのが当然の日本人DNAは、長いもの=米国の意志にカンタンに巻かれてしまいます。そして「横並び」をよしとし、自己主張は「ワガママ」となります。残念ですが…ほな、さいなら(^O^)/

プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
10487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2781位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。