スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕える喜び♪

身を捨てて仕える幸せって…菊千代どす。     
亡くなった「十八代目・中村勘三郎」の追悼番組をみました。
類まれなる才能を持った、素晴らしい役者さんだったことは、
誰もが認めることと思いますし、菊千代も異論はありません。
勘三郎さんについては、多くの専門家や有名な方が書いている
ので「通」というわけでもない菊千代は、発言を控えま~す。
その番組の中で、数々登場していた役者さんたちの中で一際
目を引いた方がおられました。中村小山三さんという方です。
先々代の中村勘三郎さんの若い頃に「門弟」として中村家に
入門し、ほぼ一生を中村家に捧げたといってもいい存在です。
勘三郎さん逝去の報に
辺りかまわぬ号泣で、どれだけ勘三郎さんを愛していたかが、
ひしひしと伝わり、胸が締め付けられるような辛い姿でした。
猿之助の市川家は例外として、ほとんどの歌舞伎俳優は血縁、
跡継ぎなどで続いてきました。小山三さんは、先日他界された
先代のお父さんに弟子入りした、一般家庭出身の方で、ずっと
住み込みで中村家を支えてきたといいます。十七代目を見送り
今度は、赤ちゃんの頃から面倒をみた、十八代目を見送った後
現役のまま、俳優さんと番頭さんを兼ねているとのことです。
今年92歳となる
小山三さんは、女形として、脇役をこなしながら、雑用その他
子息の養育係をはじめ、芸の上での決まりごとから役者として
の「よろず承り」を指導する役割を担っておられるようです。
名跡たる当主は、芝居の事、芸のことしか頭にありませんから
小山三さんのような方は歌舞伎の世界では肉親的な存在です。
番組で「平成中村座のお披露目」と言う場面が出て来ました。
江戸時代、市村座と並んで、人気の歌舞伎座の1つでもあった
中村座の座元は現在の「中村屋」だったそうです。お披露目の
口上で十八代目と
小山三さんが並んで一緒に口上を述べるシーンがありました。
こういうことって、通常「あり得な~い!」んだそうですよ。
その口上の勘三郎さんとのツーショット写真を見つめながら、
小山三さんが泣き崩れている様子が、また泣かせました(T_T)
先代の勘三郎さんがまだ元気な頃、当時の勘九郎を厳しく躾て
いるシーンもありました。菊千代世代なら、誰でもよく知って
いるなつかしい「勘九郎ちゃん」の姿がそこにはありました。
門弟という立場は主役が張れる立場ではありません。いわば
映画界で言う「大部屋俳優」のような立ち位置だといいます。
歌舞伎界では、
父親と同期以上の立場の俳優さんを「おじさま」と呼びます。
同等くらいで、年や芸歴が上の俳優さんは「兄さん」だとか。
「歌舞伎通!」を自認する友人が、あれこれ教えてくれます。
「通」の人と歌舞伎に行くと、いろいろ勉強にはなりますが、
「そのくらい知っている!」ことでも、話してくれるのが…。
小山三さん「気を落とさずに…」、といっても無理でしょうが
これからも、中村屋を盛り立てていただきたいです。あなたは
まさに、歌舞伎界の「生き字引」なのですから。がんばって!
小山三さんをみて
菊千代は、あのカズオ・イシグロの小説「日の名残り」の中に
登場する老執事を思い出しました。イメージが重なりません?
英国の名門家に一生を捧げ仕えることに、人生の最大の喜びを
見出してきたその半生を!それにしても自分の人生を捧げても
「構わない、悔いない!」ほどの人間に出会えることの幸せ♪
スゴいことだと思います。菊千代は残念ながらまだ全然 (T_T)
もともと、そんな殊勝なタマでないことは解っていますけど…
ほな、さいなら(^^♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
9656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2571位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。