スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご退位論

どうみても悪意満々としか…菊千代どす。
月刊誌「新潮45」3月号に、宗教学者の山折哲雄氏が「皇太子
殿下、ご退位なさいませ」という記事を寄せました。皇太子妃
の病気療養が10年目を迎えたことから「第2の人生」を選ばれ
ても、よろしい時期なのでは…と、投げかけているわけです。
雅子妃が「適応障害」であると発表され、治療に入ってから早
10年。今年6月には成婚20年目となるのですが、結婚生活の
約半分の時間を療養に当てていることに (-_-;) これを踏まえ
執筆者は、皇太子ご一家に対して「国民やメディアもかならず
しも暖かい眼差しをむけているわけではない」としたうえで、
「冷たい非寛容な視線に転じていくかもしれない…」と危惧?
している模様 (・・?
この学者さんは過去にも、週刊誌の対談で同じような?発言を
していたとか。対談では、皇太子さまの「退位宣言」に言及。
「結婚のために王位と祖国を捨て、フランスに移り住んだ英国
のウィンザー公という例があります」と具体例まで提示 @_@
「国民やメディアがかならずしも、暖かい眼差しをむけている
わけではない」とはいっても、皇太子ご一家に対しての週刊誌
報道って、どう考えても悪意てんこ盛りで「おかしいよ!」と
感じるのは菊千代だけではないはず。女性週刊誌はもとより、
一般週刊誌も皇太子一家に対して、誹謗中傷!としか思えない
記事を書きまくっています (゚Д゚) 相手が反論できない立場で
あるのをいいことに書きたい放題!あのデヴィ夫人に至っては
『皇太子位を秋篠宮文仁殿下へ移譲』という署名活動まで実行
しちゃってます(;゚Д゚)!
単なるタレントであるデヴィ夫人、自分も特権階級!と勘違い
されているようですが、皇室には皇室典範というものがあり、
それによれば「皇太子さまが、地位を退くための法的な根拠は
見当たらない」そうです。皇室と宮内庁で考えていただくのが
よろしいかと思いますが、お怒りが収まらない?でしょうか。
時々雑誌などで見かけるのが「皇太子さまは、ご自分の家族に
精神的な重きを置かれているようで、皇太子としての「本来の
役割を果たしていない」という指摘。長期療養中の雅子妃が、
このまま皇太子妃の役割を果たせないのであれば「皇太子殿下
のご退位もやむを得ない」とする識者たちの意見がこのところ
活発化し、かつてあった「女性天皇論」は秋篠宮家の男子誕生
によって最近、すっかり影を潜めてしまったのは、残念です。
不思議で仕方ないのは、
週刊誌などの皇太子一家へのバッシングは常軌を逸している!
というのに、国民から非難の声が起こってこないのは…何故。
天皇は日本の象徴。皇太子殿下は次代の天皇となる立場。その
家族をあからさまに貶める報道が、どうしてここまで放置され
るのでしょう (・・? とりわけ雅子妃と、愛子さまに関する
報道は興味本位を超えて、中傷そのもので普通なら名誉棄損!
天皇家とはいえ、子どもの成長期だったら、夫婦の間で些細な
行き違いなどがあったとしても全く普通のこと。それなのに、
まるで芸能人でも扱うような報道に対し、読者から何の抗議も
無いのでしょうかね?個人情報を盾に、芸能人の子どもでさえ
守られているというのに!
それとも、皇太子ご一家を悪く書くほど、販売部数が増える?
そう言えば、秋篠宮家はメディアの標的になりませんよねぇ。
菊千代と古い付き合いの、大手出版社編集担当の方々からは、
皇太子ご夫妻に関する㊙情報は、ほぼ聞いたことがないけれど
秋篠宮夫妻に関しては“あれこれ”ここでは書けないことが…
宮内庁長官、東宮大夫、各週刊誌など、ご一家が気に入らない
みなさまは雅子妃が耐えかねて、皇室を去ることになったら、
大満足なさるということ?平成の世が終われば、皇太子殿下は
天皇に、雅子妃は皇后になる立場です。けど、それを阻止し、
男子誕生の秋篠宮を「天皇に!という一大勢力」が画策して…
ナショナリストでもない菊千代が、こんなに怒っているのに、
善良な市民のみなさまは、何もお感じになりませんの (~_~;)
ほな、さいなら (;一_一)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

怒ってる人いますよ

皇太子ご一家に対する批判記事が多いから、雑誌の「アエラ」「週刊朝日」は買わない、ひいては親会社?の朝日新聞の購読までやめた!っていきまいている人知ってます。
自分は、皇太子さま批判記事は朝日グループだけでなく、いま日本中のメディアが大なり小なり、その傾向があると思ってます。
週刊誌の皇太子ご一家バッシングな見出しをみて眉をひそめている人はけして少なくない。でも、不思議なことに、それが取り上げられないんです。
不思議なことです。

Re: 怒ってる人いますよ

> 皇太子ご一家に対する批判記事が多いから、雑誌の「アエラ」「週刊朝日」は買わない、ひいては親会社?の朝日新聞の購読までやめた!っていきまいている人知ってます。
> 自分は、皇太子さま批判記事は朝日グループだけでなく、いま日本中のメディアが大なり小なり、その傾向があると思ってます。
> 週刊誌の皇太子ご一家バッシングな見出しをみて眉をひそめている人はけして少なくない。でも、不思議なことに、それが取り上げられないんです。
> 不思議なことです。

ロムドさん、こんにちは(^<^)
本当に、皇太子ご一家に対する誹謗中傷は、軌道を逸しているとしか言い様がありません。
朝日関係も文春、新潮、各種女性週刊誌も同様です。このことに不快感を持ち怒っている人間も、
いないはずはないのですが、そのような報道は一切ありません。たぶん、陰湿な宮内庁の守旧派が
一大勢力としてのし上がって、あることないことマスコミにリークしているのではないでしょうか。
もしかして守旧派には、何らかの既得権益があるのかもしれません(・・?

美智子さまに対する嫌がらせの繰り返しと

全く同じパターンですね(怒)
もちろん利権がらみです

No title

夫人の天皇家に対する
褒め殺し的記事掲載がある意味不気味です。。。
また、あの一生懸命さも怖いです

Re: 美智子さまに対する嫌がらせの繰り返しと

> 全く同じパターンですね(怒)
> もちろん利権がらみです

美智子さまも、若い頃、ひどいイジメのあいましたね。
心を病まれて別荘で静養され、異常妊娠もされました。
あの頃と同じような守旧視力が、今も健在なのでしょう。
それにしても秋篠宮妃は、なぜ中傷されないの(・・?

Re: No title

> 夫人の天皇家に対する
> 褒め殺し的記事掲載がある意味不気味です。。。
> また、あの一生懸命さも怖いです

デヴィ夫人にも、ここでは書けない色々な「裏」がありますよね。
自分も、皇室に近いステータスをお望みのようですが、ひどく勘違い
されているようで笑えます。スカルノ第3夫人になった経緯だって…
ま、並外れた功名心と目立ちたがり精神の持ち主であるのは確かです。

プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
7257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1907位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。