スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症予防に?

どんな顔して書いてるんだか ((((;゚Д゚)))) …菊千代どす。
朝刊を見ていたら「週刊現代」の広告に、ちょっとビックリ!
「特集」のタイトルは、長生きできるセックス!というもので
サブタイトルが、やればやるほど元気になる (;一_一) です。
小見出しは 60歳からのセックスで病気も消える。認知症予防
にいい。心臓に優しいテクニックがあった。年齢なんか本当に
関係ないから…始めよう気持ちいいセックスを!さらにさらに
女子対談:熟年のヘンタイが大好き!何かガツガツした印象で
女性だったら、ちょっと引いちゃうようなタイトルてんこ盛り
なのがスゴっ!で、この手の週刊誌編集部では、その手のエロ
おやじたちがヨダレ垂らしながら記事書いてるんじゃないかぁ
と思わずイメージ (゚Д゚;)
少し前の話ですが、あのNHKはよく「セックス」をテーマに
した企画を特集していました。朝の情報番組「あさイチ」では
「夫婦のセックスレスを特集」していたこともあり、出演して
いた婦人科のセンセが、女性の側から「もっとそこをこうして
など、積極的に男性に協力して欲しいことを伝えるべきです」
なんて、生真面目そうな「そんなことフケツ(`Д´)」とか言い
そうな顔で話していたので、思いっきり笑っちゃいましたわ。
あの手のセンセが、学術的に話すべき内容なんでしょうかね。
司会を勤めていた有働由美子アナが真顔で「膣を鍛える!」と
かのトレーニングにチャレンジしていた姿にも大爆笑でした。
「公共放送 NHKがそこまでやる必要があるのか?」といった
苦情がたくさん寄せられたらしいですが NHKのこうした傾向
みなさまどうお考え (・・?
以前、スエーデンなどで、子ども用だという性教育用goodsを
使って「小学生に性教育を実践している」ケースを取り上げて
自民党の性教育担当だという?山谷えり子が「こんな露骨!な
モノを使って、子どものうちから『セックスを教える』のは、
教育上好ましくな~い!」と怒りまくっていましたね。当時の
“過激な”一部教育機関における性教育を問題視し、批判を繰り
返し国会でも取り上げました。小泉ポチが総理で、安陪ポチが
幹事長だった2005年の話です。山谷は 性行為を図解で示した
小学校3年生用の性教育の授業で使われた教材を小泉に見せて
強く同意を求めていました。小泉は「初めて見たが、ちょっと
ひどい@_@こんな教育は問題だ!私は子どもの頃 そんな教育
受けたことない」と述べ、行き過ぎだとの認識を示しました。
「性教育は我々の年代では教えてもらったことはないが、知ら
ないうちに一通りのことは覚える。ここまで教える必要がある
のか?教育のあり方を考えてほしい」と批判。小泉もちゃんと
性教育を受けていたら
ヘンタイにはならなかったかも (・・? 知れませんけどね~。
日本では、やるべき正しい性教育を怠っているくせに、子ども
も見るマンガなどでは、異常な性表現がまかり通っています。
そういうマンガやエロ雑誌で「一通りのこと」を覚えたりして
いるから、最近の男子はリアルな女子とのコミュニケーション
としてのセックスが苦手で、バーチャルな存在にしか「萌え」
状態にならない子が多い…?やがて、イイ大人になると今度は
東スポや週刊誌のエロ記事の「どんどんやりましょう!」的な
クソ情報に振り回されるって、何か「情けなくない」ですか?
戦後、日本国民を「扱い易い人種にするために」アメリカは、
Sex、Sports、Screenの3つのSに、日本国民を夢中にさせて
「難しいことを考えないよう飼い慣らした」といいます (゚Д゚)
そんな計画のおかげか、
多くの国民が「自分で考える習慣」を持たず、メディア情報を
鵜呑みにして、何があろうともお気楽な日々を送っています。
国民の目が、ヤバいコトに向きそうになると国民の目をそらせ
るため巧妙に、どうでもイイ芸能人のスキャンダルを各局競い
合うかのように、連日報道しまくります。国民の目がそっちに
向いている間に、国民にとって “危険な法案” が通ったりして
着実に アメリカの作戦は成果を上げているようです (;一_一)
あまりのことに「そういうことではいけない!」などと正論を
主張しようものなら、小沢さんのように冤罪仕掛けられるし…
今や北朝鮮にも負けない ヤバすぎる国になってしまいました。
ほな、さいなら (;´Д`)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

重要な法案が通る際に大スクープが重なる偶然(!)って(笑)多いですよねー。不思議ー!
目がそれているうちにいつの間にか通っていたりする。
メディアも騒がない。
この不思議。

週刊現代。日刊ゲンダイとはエロい部分は似てても硬派なトコロが無くなった。
ここ数ヶ月、表紙のタイトルにはアベノミクスで株価15000円とか18000円も。とかエスカレートする一方。それが急落したのを受けて大暴落!とか、煽るばかり。
最近では同じ月曜発行のポストの方が面白い。
ま、評論家を名乗る他人のフンドシで相撲とって飯喰ってる奴らの「調整局面ですから心配することはありません」とかほざいてるうちにあれよあれよと下がり続けるのよりはまだマシかもしれませんが。

No title

ホセさん、ホントに重要法案通る頃になると、お決まりのパターンつてあるよね。こんなわかりやすいこといつもやられて気づかないって、どんだけ飼い鳴らされてるんだよ!って感じです。小沢さんも「経済評論家の言うことに一喜一憂することはない」といっていますが、それにしても、敵予報同様、当たらない(゚Д゚)ノ
プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
10487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2781位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。