スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも総研まで?

テレ朝の「そもそも総研がヘン!」…菊千代どす。
ここ5~6年内で、ワイドショーテイストの番組がサマ変わりしてしまいました。菊千代のFBで昨日、ゴットマザーとして名高い安倍シンゾーママの画像をUPし、コメントで「私の息子には指一本触れさせません!」てなことを書いたら、たくさんのコメントと共に、ワイドショーの過去画像が、来るわ!来るわ!第一次安倍内閣の頃は、日テレやフジは別としても、各局ワイドショーでは「安倍シンゾーの正体」なるタイトルで、これでもか~!というくらい、じゃんじゃんその実態を暴いていましたっけ・・
ある番組の内容は、安倍シンゾーは超マザコンで、ママの洋子が信頼している「神霊師に依頼して、霊視で閣僚を選んでいた」という話を、今はほとんど見かけなくなったマトモな?ジャーナリストたちがコメンテータとして出演していて、取材内容を説明しているものでした。で、何故か大阪のハシ下までが加わっていたことも。
今では報道側がビビって、そんな話題をとりあげるのを“勝手に自主規制”するようになってしまいましたが、その番組によると、耐震偽造で名を馳せた慧光塾をはじめ、鹿児島の最福寺・池口恵観という坊主、地元山口県の新生佛教教団などに、洋子ママとシンゾーくんはどっぷりハマっていて、何かに付け教祖サマにお伺いをたてていたそうですよ~ (@_@;)
三種類の新興宗教と洋子ゴットマザーによって「この国は動かされてきた!」といったことが、たとえワイドショーレベルの番組であろうと、堂々と報道されていたのは第一次安倍内閣誕生から、電撃辞任に至る頃までだったでしょうか?当時は、ごく普通に政府批判が許されていたという事実を、騙されたことはスグ忘れる体質の国民は、すっかり忘れてちゃっているんでしょうね・・残念ながら ( ;∀;)
で、この情報の元ネタが、あの「週刊文春」だったというのですから、も~驚きです。シンゾーくんと統一教会とのつながりについては、けっこう知られていますが、よっぽど神サマがお好きなんでしょうか (・・? ジャーナリストの須田慎一郎は、かつて、シンゾーくんが、お盆にはった水の波紋や鏡に映る自分の姿、お守りなどを常備していて、それらのグッズの反応を見て政治的判断をしていたのを目撃したことがあると証言していました。近頃では、ゼッタイ報道されませんが、検索すればウヨウヨ出てきます。
でも、秘密保護法が閣議決定されちゃいましたから、こういうネット情報もガンガン削除されちゃうのでしょうね。「確認しておく!」のなら、今のうちです。12月10日からは「何でも国家機密」ということになって、隠されてしまいますからね!ネトウヨに圧倒的人気のカルトまみれのシンゾーくん・・こんな、新興宗教や霊視頼りのマザコンおやじに、一国の運命を任せておいていいんでしょうかねぇみなさん ( ̄□ ̄;)
話は戻りますが、あの「そもそも総研」がおかしい!と、FBの中で怒りの声が渦巻いています。菊千代がお気に入りの「まるこ姫の独り言」というブログでも28日の記事で「テレ朝の『モーニングバード』を見ていたら、そもそも総研に安倍内閣の本田参与が出ていて”円安・インフレはコントロールできる”と自信満々に語っていたが、なぜコントロールできるのか?と問われて、日銀はプロだからと答えていた。だったら民主党時代の日銀はアマチュアだったと言う事か~」と激怒!「本田参与が言うように円安やインフレがコントロールできるなら、なぜ今、117円前後になっているのか。行きすぎた円安で苦しんでいる中小・零細企業は100円程度の円安だったら経営も楽になると言っているのに、なぜここまでの円安が必要なのか。輸出中心の大企業しか見えていないも同然だ。100円から105円程度なら、輸出業者も輸入業者もそれほど困るところまで行かないのに、この行きすぎた円安では国家自体が衰退する!」と、鋭いツッコミをカマしています。
アベノミクスは、円安誘導によって輸出を増やし、景気を底上げする経済の好循環を目指すと言いますが、円安誘導しても輸出はほとんど増えなかったですよね。「本田参与は本当に自信満々で『円安・インフレはコントロールできる』と言い切ったが、それが本当なら慢性的に超インフレに陥っている国などなくなる筈だと思いますが・・日銀は頭が良いけれど、超インフレになって苦しんでいる国民はバカ!とでも言いたいのでしょうか」と、まるこ姫の怒りは収まりません。根拠のない自信で、堂々と自説を展開する!さすが、安倍シンゾーの側近だけのことはありますね。
これだけ景気が悪くなって、物価や消費税は上がり、給料は下がり、年金も生活保護費も下がって、正社員もどんどん減ってきているというのに、政府や日銀は「緩やかに景気は回復している!」と断言します。こんな人間を「そもそも総研」に、当たり前のように登場させたのも、安倍政権が衆院解散前に各テレビ局に選挙報道に関する要望書を送りつけて圧力をかけてきたせいなのでしょうか?「公平な報道をしろ!」とかいう要望書をマスコミに送りつけるのなら、安倍シンゾーのチョーチン記事ばっかり書いてる多くの新聞社やテレビ局に注意を促し「もっと野党のことも平等に取り上げるように」と指示してみろろよ~在京キー各局はこの通達によって、政治的圧力を加えられているにも関わらず一切、その事実を報道していません。「テレビ報道がすでに政権の意向に添う形になってしまった」ということです ヽ(`Д´)ノ
「ニューズ・オプエド」にゲスト出演していたジャーナリストのカレル・ヴァン・ウォルフレン氏は「一つの政党からこうした通達が来るのは一党支配の政治が存在することの証明だ」と話し、30年前のメディアとの違いを問われると「ジャーナリストたちがジャーナリズムの本分を忘れている。真実を語らなければ、ジャーナリズムを失うだけでなく、国家まで失ってしまう」と、日本のメディアの状況を嘆いていましたが、思考停止?脳死状態?もはや、生体反応さえなくなってしまった国民に、そんな”危機感や意図”が伝わるはず・・ないですもんね。
ほな、さいなら |゚Д゚)))

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
7257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1907位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。