スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貶め上手?

いつでも、本質をはぐらかそうと躍起?…菊千代どす。
共産党の志位委員長への「テロ政党!」というヤジ、さらには、民主党の玉木氏が西川農水相の「政治とカネ」問題追及中の安倍シンゾーの「日教組!」のヤジに見る総理と自民党議員の厚顔無恥!国会で首相がヤジを飛ばすという前代未聞の不祥事は、良識ある国民を唖然とさせましたが、中継画面を見ていたら、本人はヘラヘラ笑い顔で、自分がやっていることが、とってもみっともなくて、一国の総理の態度としてはかなり深刻な事態だとは考えも及ばない様子でした (―_―;)
遡ってみたら、人質殺害の問題で野党議員らが総理を追求すると、マスコミや御用学者達たちが連動して、こうした追及をするのは「テロリストに味方する行為」だとか「テロリストを利する言動だ」などと一斉に騒ぎ立てていました。いったい日本の政治家やマスコミ、言論人たちは、誰の指示で、どこを見て、こんな発言をしているのか・・
民主党の岡田代表との質疑応酬でも、やっぱり首をかしげたくなるような光景が。岡田代表に危機管理について聞かれた際、安倍は「危機管理がどうかなどと民主党がそんなこと言えるんですか?」と、ぶちキレちゃいました。質疑のたびに、キレまくって、しまいには開き直って意味不明の自論をまくし立てる!このスタイルが最近は定番化していて、本来なら「それを言っちゃ~おしまいでしょ~」というレベルのくだらんことを、恥ずかし気もなく、とうとうとしゃべりまくるようになりました。もう、この時点で、前向きな議論が成立しなくなるのは誰が見たって明らかです。
アタマが悪いため、理屈では反論できないので「野党のオマエらには総理に対して反論を言う資格はない!」とばかりに言論封殺作戦で逃げ切ろうとしているのが見え見えなのですが、その同じ口から「私には国民の生命と財産を守る義務がある!」とヌケヌケと抜かすあたりが、何とも安倍シンゾーらしい!っちゃぁらしいですけど・・
そして20日、民主党の辻元清美議員から再度、官邸の危機管理について質問されるとまたまた逆ギレ、最後はお約束通り開き直りました。一部の国民の間では、このお約束のパターンを、水戸黄門の印籠登場場面のように「心待ちにしている♪」とも聞きますが、それはひとまず置いとくとしてヽ(`-´)ノ
日本人が人質になったことを、安倍内閣が確認したのは昨年の12月19日。こんな情報が耳に入ったら普通、国家の最高責任者は、公邸にこもって事の成り行きを見守り、万全の態勢を取るどころですが、安倍はその翌日からゴルフ、フィットネス、映画観賞、コンサートと連日、好き放題のお楽しみを満喫していたことがバレバレに (;゚Д゚)!
辻本議員が、こうした総理の行動についてパネルを使って質問していましたが、その時も辻本氏の質問を、自分に対する“個人攻撃!”とにしか捉えていないようで、辻元議員が「自分の子どもが誘拐されて、行方不明になっていたら、その家族がゴルフしたり、映画見に行ったりしますか!危機感が薄かったのではないか」と総理に詰め寄り「総理は公邸に泊まられた方がいい」のでは!と突っ込むと「公邸にずっと泊まっていたら、立派な総理大臣なんですか~」と逆上!「私の第一次政権の経験から言ってもですね~。総理大臣は健康を保つことが仕事です。これからも健康を保っていきます。私に求められているのは、健康を保って判断を間違わないことだ」と「私の健康」を強くアピールしていましたっけ。自分が遊んでいたって「官僚が何でもかんでも巧くにやっといてくれる!」と、タカをくくっているのでしょうが、ここまであからさまに自分が“出来損ない”であることを自覚できない人間って、逆に幸せかも?
批判を個人攻撃としか受け止めず、質問をはぐらかそうと躍起な姿に、菊千代は見ていて血管が切れそうにイラつき、思わず「安倍シンゾー!オマエの健康になんぞ、大量に株もってる1%の富裕層くらいしかキョーミはないぞ!」と声を荒らげてしまいました。
安倍シンゾー本人だけではなく、NHKに送り込んだ籾井や百田などの手下のはじめ、自民党議員たちは質疑に真摯に向き合い的確に対応したりはゼッタイにしません。
菊千代のお気に入りブログ「まるこ姫の独り言」の中に、安倍は「質問した相手の過去の対応を、虚実取り交ぜて声高に叫んで相手を貶める手法が実に上手い。安倍政権の対応を批判されると、すぐに民主党政権時代を引き合いに出し、”お前に批判する資格はない”と言うような発言を繰り返す。自民党が野党だった時代の理論など関係なく、感情に任せてのエゲツない誹謗中傷よりは、民主党の理路線然とした質問の方が、よほど建設的じゃないか?」とありますが、全くおっしゃる通りです。
それにしても、こんな安倍シンゾーの周辺には、かつての後藤田正晴氏のような、総理の行き過ぎや間違いを軌道修正してくれる「良識と品格ある重鎮」が皆無なのが、何とも残念です。
ほな、さいなら ∑(O_O;)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
12487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3199位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。