スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカに感謝?

素直に事実を認めることはできない?…菊千代どす。
自公の議員たちは、よほど平和憲法が気に入らないのか?安倍シンゾーはコトあるごとに「みっともない憲法!」を連発してきましたよね。理由は「アメリカに押し付けられた憲法を認めることは敗戦を認めることだから!」だそうですが、宗主国アメリカの言うことなら、なんでも二つ返事で快諾してきた安倍が「憲法だけはあかん!」と言い張るのは、平和憲法があると“戦争ができないから”らしいです。それにしても、無条件降伏で負けたクセに「負けを認めたくない!」と食い下がることにほうが、よっぽどみっともないことなんですけど・・その程度のことも理解できないなんて、改憲派とされる安倍政権のヤツらは安倍シンゾーを筆頭に、みなさま方 揃いも揃って“低脳議員ば~っか”ですわ!
どうも、最近の日本人DNAからは「潔い!」という、武士道にも通じる美意識が削除されてしまったようです。どんな解釈をしようが「負けは負け!」なんですからねぇ安倍ちゃん。歴史的事実を、解釈でひっくり返すことなどできませんよ。それにしても、最初から、全く勝つ見込みのない戦争に突入していったのは日本軍だったし|゚Д゚)))
彼らは、イザとなれば日本は神の国だから「神風が吹く!」なんて、何の根拠もないアホな迷信を信じて、無謀な戦いにのめり込んで行ったのでした。先の読めない無能な指揮官のおかげで 日本はボロ負けし、国民は多大な被害を受け、近隣諸国にも、従軍慰安婦の件をはじめ、取り返しのつかない「不幸」を背負わせてしまうことになりました。
従軍慰安婦に関しては、中曽根元総理がそのシステム作りのために暗躍していた証拠が「これでもか~!」というくらいあがってきているのに、いつまで経っても「そんな事実はなかった」と、火消しに躍起になっている姿みると、何て姑息でセコい奴らなんだろうヽ(`Д´)ノと、怒りで血管ブチ切れそうになります。せめて事実に関わった立場の人間が「あの時は勝つことだけを考え、自分の手柄だけにしか関心がありませんでした。たくさんの人の人生を犠牲にしてしまい、本当に申し訳なかった」と、号泣しながら土下座でもしてくれたら、多少なり交渉の助けになるとは思うんですけど・・。
こんな人間たちに「謝罪は十分した!」と言われても、相手国が謝罪などされていない!と言えば、謝罪は済んでいないわけです。納得のいくまで話し合ったらいいと思いますが、被害国を納得させられるだけの力量と器を持った政治家は、自民党には皆無だし、被害国から「この人だったら!」と、信頼に足り得る政治家も、安倍政権にはいません。逆に「いつまで謝罪し続けなければいけないんだ」と開き直るありさま (;゚Д゚) 殴った側は、殴った痛みが消えたら、もう「そろそろいいんじゃね?」と思うかもしれませんが、殴られた側は痛みが消えても、心に受けた傷はどれほど時間が経っても、そうカンタンに消え去ることはありません @_@;
我が国の「最高責任者だ!」と自ら堂々のアピールをする安倍シンゾーは訪米の際、恥ずかし気もなく「日本にとって、アメリカとの出会いとは、すなわち民主主義との遭遇でした!」などと、吐き気がするほど気色悪り~モミ手丸出しの演説を行っていましたっけ。ってことは、先の大戦においてアメリカさまは「正義そのものでございました~!」と公言しているようなもの!心ある日本国民は、み~んな悶絶しちゃいました。
安倍シンゾーは、日本軍の間違った真珠湾攻撃から始まった愚かな戦争を「アメリカが二発の原爆で救ってくれた!」と、明言しているようなもの!正統派保守の立場から言えば、自虐史観そのものですが、ネトウヨのみなさんはアホですから置いとくとしても、従来の正統派保守を自認するセンセ方が“逆上”しないのはどうしてなのかな~?みんな日和って、安倍と同類の売国奴になってしまったのかしらん (・・?
それにしても、これほどまでにアメリカに媚びて、持ち上げる利点がどこにあるの?今回の訪米が、異例の高待遇だった理由は、オスプレイ17機を通常の2倍の3600億円もの価格で買い取ったことをはじめ、ネットでは数々の事実が暴かれていますが、テレビや新聞からしか情報を得られない人たちには、事実を知る術はありません (>_<;)
アメリカ政府は「日本は東アジアと西太平洋の平和と安定を確保する上で、重要な米国のパートナーだ」とし、日本の自衛力の強化が米国の国益にかなうと強調!オスプレイの供与が「陸上自衛隊の人道支援と災害復旧活動、水陸両用作戦の能力を大幅に強化するのだ~」と、しょっちゅう落ちることで有名な欠陥機オスプレイを宣伝しまくっています。
あのきっこさんはTwitterで「米国に押し付けられた恥ずかしいもの」とは『憲法』ではなく『日米地位協定』だろう。『憲法』ではなく『GE社製欠陥原子炉』だろう。『憲法』ではなく『遺伝子組み換え食品』だろう。安倍晋三はこれらすべてを米国に突っ返してから『改憲』を口にしろ!」ですって~まさに「正論」そのものですよね。そして、ドイツのメルケルさんが5月10日、ロシアを訪問した際には「どんなに困難でも話し合いで解決する必要があるというのが歴史の教訓である!」と述べていた言葉も、しっかりと、心に刻んでおきたいです。
ほな、さいなら ( ̄^ ̄)/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マルコ王子の母

Author:マルコ王子の母
興味を持って くださるなら
facebookも、ご覧ください。
佐藤ひろみ で検索よろしく。
興味本位でお友だちに(^^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tigersを応援しよう!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
7257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1907位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。